札幌中央勤労者山岳会会則

前文

札幌中央勤労者山岳会は、働く喜びを知っている勤労者を中心に登山を愛好する人々によって組織される山岳会です。
私たちは登山を明日への生活と、未来の社会に強く誠実に生きぬくための糧として役立たせることを願い、これまでの伝統的な登山を正しく継承し、登山を一つの文化として充実発展させ、働く人々の立場にたった登山のあり方を追求し、登山の正しい大衆化をはかり、登山を国民みんなのものに広げることを目指します。

 第1章 総則
第1条 名称
この会は札幌中央勤労者山岳会 ( 以下「会」と呼ぶ ) と呼び、北海道道央地区勤労者山岳連盟を通じて日本勤労者山岳連盟に団体加盟する。
第2条 会員
趣意書および会則を認め、入会手続きを取ることによって年齢、経験を問わず会員になることができる。
第3条 賛助会員
本会会員は、本人の希望と実状によって賛助会員になることが出来る。賛助会員には会報を送付する。
 第2章 目的と活動
第4条 目的
この会は登山を勤労者の健全なスポーツとして広め会員相互の親睦、交流を図り、働く者の立場にたった登山観、登山理論及び登山技術の向上を図る。
第5条 活動
この会は前条の目的を達成させるために次の活動を行う。
(1) 登山を広め向上させるための活動
(2) 例会などの開催
(3) 会報の発行
(4) 登山教室、訓練山行、講習会などの開催
(5) その他必要と認められる活動
 第3章 機関と役員
第6条 機関
この会に次の機関をおく。
(1) 総会
(2) 役員会
(3) 運営委員会
第7条 総会
  1. この会の最高議決機関で、年一回会長が招集する
  2. 会員の1/2以上(委任状を含む)の出席によって成立する
  3. 議事決定は出席者の過半数をもって決定する
第8条 総会では次のことを審議、決定する。
(1) 活動報告
(2) 活動方針
(3) 予算及び決算
(4) 役員の選出
(5) 規約の改正
(6) その他運営に必要な事項
第9条 臨時総会
  1. 会員の1/3以上の要請があった時は開かなければならない
  2. 会長が必要と認めたとき開くことが出来る
第10条 役員会
総会に次ぐ決議機関で役員をもって構成し、必要に応じて会長が招集する。
第11条 運営委員会
運営委員をもって構成し、この会の方針に基づいて日常活動を執行し、事務局長が招集する。
第12条 専門部
この会に次の専門部を置くことが出来る。
(1) 事務局
(2) 組織部
(3) 軽登山企画部
(4) 山行企画部
(5) 登攀企画部
(6)教育遭難対策部
(7)新人対応部
(8)会報部
第13条 役員
この会に次の役員を置く。
(1) 会長一名
(2) 副会長若干名
(3) 事務局長一名
(4) 事務局次長若干名
(5)  各専門部長一名
(6) 各専門部副部長若干名
(7) 会計一名
(8) 会計監査若干名

 第4章 財政
第14条 財政
1.  この会の財政は入会金、 会費、その他の収入によってまかなう。
2. この会の会計年度は4月1日より翌年の3月31日までとし、総会に報告
し承認を受ける。

 第5章 その他
第15条 退会
  1. 会員は本人の希望により、退会手続きを取ることのよって退会することができる。
  2. 会員が会の目的に違反するような行為、及び会の名を著しく汚すような行為を行った場合は極力説得、指導に努力するが、以上の努力が報われられない場合には、役員会は退会させることができる。
  3. 会員が会費を一年以上未納の場合は、運営委員会で協議して退会とさせることができる。
第16条 解散
  1. この会の解散は、総会によって3/4以上の同意を必要とする。またこの会を解散した時は、会の財政は解散時の会員に分配する。
第17条 事務所
この会の事務所は札幌市内に置く。

付則 この会則は1977年4月から執行する。
1989年4月一部改定
1002年4月一部改定
1995年4月一部改定
2000年4月一部改定
2001年4月一部改定
2008年4月一部改定
2011年4月一部改定
2011年4月一部改定  第4章第14条財政から遭難対策費を削除。
2015年4月一部改定  第3章第12条専門部
2016年4月一部改定  第3章第12条専門部(9)海外登山部削除