労山山岳事故対策基金制度(労山基金)ってなに?

もし不運にも山で遭難してしまったら・・・? その時の捜索費用は本人が負担しなければなりません。捜索にかかる費用は場合によって数百万とも言われます。
そんな時のために加入を義務づけています。

この労山基金は、全国の労山会員の寄付金によって運営する会員のための山岳遭難救済制度で、救助・捜索やケガ、急病などの登山中の事故を救済対象としています。労山基金は、労山(日本勤労者山岳連盟)の会員であれば、誰でもいつでも加入することができます。

毎年更新で、1口1,000円で最高10口まで加入することができます。
当会では岩・沢・冬山を目指す会員は5口以上とし、最低3口を進めています。

詳しくは「こちら」からお願いします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>