2016.02.28 泥ノ木山(903.8m)

ドロノキの名前ははヤナギ科でポプラの仲間らしく道庁の前庭にもあるらしいが、材質が軟らかく役に立たずドロのようなため、付いたという(北海道の樹木100から)。その名前が付いた山に行ってきた。

DSC00349
当丸峠の覆道の先に(神恵内側)広い広場がある、除雪用の広場だろうか、そこに車を置かせてもらう。

DSC00352
ちょっと斜面を登ると両古美山の稜線が見えてくる、無風快晴。

DSC00354
覆道と当丸山。

DSC00356
ちょっと急な斜面を登ると、広~い稜線に。積丹岳、余別岳が見えてくる。

DSC00358
風がいつも強そうだ。

DSC00359
一時間で両古美山の頂上へ。

DSC00361
積丹岳、余別岳、ポンネアンチシ山、写真では見えないが珊内岳のパノラマが広がる。

DSC00363
泥ノ木山への広い稜線を行く。右が泥ノ木山。

DSC00365
DSC00367
右側に雪庇が発達している。

DSC00369
815mからの下り。

DSC00370
コルから泥ノ木山。

DSC00371
ちょっと急斜面が続く。

DSC00376
もうすぐ頂上。

DSC00377
どんな縦走をしたら楽しいだろうと、思いを巡らす。

DSC00378
頂上からの両古美山。天気が良く風も無いが寒い。

DSC00379
右から余別岳、ポンネアンチシ山、珊内岳は分かるかなぁ。

DSC00382
広い頂上稜線。

DSC00388
頂上からの下りはスキーには良い斜面だが、登り返しがあるのでシールを付けて。

DSC00389
再び両古美山の頂上へ。

DSC00390
もう一度泥ノ木山を振り返って。

DSC00393
当丸山へは、シールが団子になったのを理由に止めました。
天気が良すぎて物足りなかったような感じでしたが、本当に堪能しました、良かった。

8:40車置場発~9:40両古美山~10:45泥ノ木山11:10~12:50車置場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>