2016.01.01~03 原始ヶ原~富良野岳&・・ 山行部企画山行

会の年間山行数は1000回らしいが、山中泊山行は少なく、冬になると更に少なくなる。昨年は2パーティを組めた正月企画も、今年は1パーティ5人のみになってしまった、寂しい限りだ。

DSC00160
札幌を早朝発、車留め場では青空も見えていたが、天気は下り坂になるらしい。

DSC00161
新しい砂防ダムを通り過ぎると

DSC00162
気持ちの良い林間歩きとなる。

DSC00220
登山口に到着、夏はここまで車で入れる。

DSC00165
ラッセルはまぁまぁ、それなりに、ただ背中の荷が重い。

DSC00167
三の沢を上流に行き沢を渡る。

DSC00168
テン場ではエゾテン?が我々を迎えてくれました。1040m地点原始ヶ原でキャンプ。

DSC00172
寒さを覚悟していたが、夜は意外と冷えませんでした。リーダーは500缶を6本も、ご馳走様でした。

DSC00173
山ではハプニングは必ず?起こるが、これは二つ目のハプニング。G3シールの留め具が壊れてしまった、購入して数回使用のまだ新しいのに。

DSC00174
段々と天気が下り坂に。

DSC00177
DSC00178
視界も悪く、風が出てきました。

DSC00179
森林限界を過ぎ、アイゼンを履きました。リーダーMさんがガンガン行きます。

DSC00181
視界が更に悪く。

DSC00186
風も強いですが、冷たくは無いです。

DSC00188
頂上稜線です、視界が無いので慎重に。

DSC00194
頂上に着きました。頂上標識が海老の尻尾でしたので、今季は来た人はまだ少ないのでしょう。

DSC00200
全員写真です。4人が冬の富良野岳は初めてです。

DSC00202
雪が多く重いので快適ではありません。見上げるリーダー。

DSC00205
テントに帰着。今回は5人でジャンボテントにしましたので、ゆったりと快適でした。

DSC00208
翌日はトウヤスベに向かいました。夜は結構雪が降りました。沢を何回も渡ります。
新人のIさんは、プラブーツを買っての山行です。

DSC00210 DSC00213
原始ヶ原の風景、良いですねぇ。

DSC00215
五反沼の手前です。絵になりますね。広い原始ヶ原も貸切です。

DSC00216
3つ目のハプニング、不注意でした。靴中が濡れたのでここから引き返しテントに戻りました。
さて、ハプニングの一つ目が出てきませんでしたが、一体何でしたでしょう・・。

1日目:10:20車置場~11:45砂防ダム~13:00登山口~15:50 1040m原始ヶ原
2日目:6:45発~11:00富良野岳頂上~13:10~20 テント着
3日目:7:00発~9:05引き返し~10:00テント着10:50発~14:45車留め着

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>