2015年10月 ムスタントレッキング(2)

P1100277
チュサンからは何ヶ所もあった洞窟が、ロー・ラ(3950m)手前では道路脇にある。住居とか修業窟として使われたらしい。

P1100279

P1100285
ロー・ラからはローマンタンが見える。ゆっくりしたい所だ。(ちょっと望遠で撮影)

P1100287
ロー・ラから後ろを振り返る。

P1100289
ローマンタン。

P1100290
なだらかな峠のロー・ラ

P1100291
下って行くとやっとローマンタンに着く。生活道が自動車道になり、そこをトレッキング道として歩くが、今回のトレッキングはほとんどが自動車道歩きだ。車が擦れ違うたびに埃を巻き上げるのでマスクは必携だ。

P1100293
右の建物が我々が泊まったホテル。向かいには観光用の馬が。奥には電線が見える。電気も通り、携帯も通じる。ホテルでは、ボトルビール400ルピー、ダルバート400ルピー、はカトマンズと同じ、ミネラルウォーターは100ルピーだった。

P1100303
10ドルで共通チケットがあり、寺院&博物館等が見学できる。博物館には洞窟内にあったものが 展示されている。寺院ではちょうどお勤めをしていた。

P1100313
海外に行くたびに、会員が集めてくれたボールペン等を持って行き、学校にプレゼントしています。今回はSa・・・さんが300本ほど集めてくれました。小学校が休みだったため僧院の学校にプレゼントをしましたが、非常に喜んでくれました。

P1100317
寺院。

P1100322
ローマンタンの街中。

P1100338
チョサールまで足を延ばし、洞窟内を見学に、共通チケット1000ルピー(SIJA JYONG CAVEシザ・ゾン・ケイブ、ネパール語読みではシザ・ゾン・ケベ)。コンクリート製の階段がついていた。チョサールまでジープ代は7200ルピー、ネパールスタッフも乗ったので7人乗車しました。馬だと1頭1500ルピー?だったような。

P1100343
珍しい赤い石のマニ列。

P1100346
チョサールの帰り、ローマンタンを写しました。

P1100350
屋上から。

P1100353
メンバーが体調不良のため帰路はジープで帰りましたが、他のトレッカーはまた歩いて戻って行きました。我々はムクチナートに寄るためにカグベニに泊まりましたが、1日でジョムソンまで余裕で戻ることができます。全行程を自動車で往復は可能で、 乗り換えはありますが、カトマンズからローマンタンまで自動車道で繋がっていることになります。 4000mまでの高所に強ければ、全行程を車での観光旅行は十分可能であり、ローマンタンは「我々的には、秘境ではなかった」ことになりますか?。でも行ってみて分かることです。

P1100363
帰りは、カグベニではダサイン祭りの巡礼者が多く来ていてごった返していました。

P1100379
P1100381
P1100399
時間が余ったので春の地震の被害の大きかったバクタブルのダルバール広場へ。瓦礫は撤去され観光客も来ていました。

P1100387
バクタブルでは今回初めて赤十字のテント村を見ました。カトマンズでもまだテント村があるのかもしれませんが、見かけませんでした。ネパールは表面上は地震の影響は何事も無かったような感じでした。また北西ネパールは行ったことが無いのですが、今回のトレッキング中に2009年に行ったドルポの素晴らしいトレッキングが思い出されました。それこそ秘境でした。

2015年10月 ムスタントレッキング(2)” への1件のコメント

  1. 登山時報でネパール報告を何度も読ませていただいています。同時期バルブンコーラをさかのぼってツアルカに。河口慧海の通られたターシータンから下りジョムソムに出ました。ムスタンに入る費用の細目をお教えいただけないでしょうか。torekingパーミットで申請したのでしょうか。よろしくお願いいたします。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>