九州クライミングツアー鉾岳

九州クライミングツアーが中央労山13名で2015年10月29~11月2日に企画され、その報告です。今回は九州以北には無いスラブ(一枚岩)の鉾岳(ほこだけ)。 この山小屋、麓屋(ろくや)は西都山岳会の阿万さんをリーダーとする仲間達が自力で建てた山小屋だ。長水さんがクライマーの宿「庵」(いおり)に通ううちに阿万さんとの交流が始まり九州クライミングツアーの折にはこの麓屋のお世話になる事が多い。今回のツアーでも麓屋の若者達のクライミングガイドと賄いのお世話になった。
記:267小笠原。
3DSCN5190きな画像を見るにはクリックする。

鉾岳近くの駐車で準備。
4P1020472

鉾岳(ほこだけ)への登山道。取付きまで40分、ひと汗かく。 5DSCN5274

取付きで気勢を上げる中央の面々、↓すでに栗原さん宇都宮さんはスタートした。
長水さん夫婦パーテイ、井村さん、栗原さんパーテイは難しいルートへ行った為、写真はありません。
10P1020475

大長征ルート。↓先頭はリードする舟橋さん(赤ザック)と吉田今日子さん(黄色ザック)。 全ルート中、手掛かりは無く、手足のスメアリングだけで攀じる。
同じルートを攀じっても手足の置く場所を間違えると5~5+になってしまい身動きが取れなくなる。攀じり終えた頃には指紋が無くなっていた。
15DSCN5262

一ピッチ目を果敢にリードする舟橋さん。
12191489_978568652187014_909347407566683680_n

3パーテイ同じ大長征ルートに入った為、1ピッチ目ですでにビレーポイントで渋滞になった。さらに後続の安田、小笠原パーテイはテンションしたまま待機。
20DSCN5190

我々の後続の地元さんパーテイ。1と2ピッチ目。
25DSCN5267

3ピッチ目でビレイーする吉田今日子さん(黄色ザック)。
続く白ヘルメットは阿部和佳子さん、次は西川さん、最後尾(左端下)は安田、小笠原パーテイ。↓
27P1020486

隣の難しいルートの宇都宮さん。↓
28P1020485

微妙なバランスで頑張る宇都宮さん。↓
30DSCN5265

先行でリードする地元、麓屋のリーダー。↓
40DSCN5274

近くに宇都宮さんも挙がって来た。↓
55P1020480

微妙なスメアリングで↓攀じる赤ヘルは舟橋さん。
57P1020483

3ピッチ目ビレーポイント↓でガッツの舟橋さん、西川さん。
59P1020484

ここから長いトラバースに入る。ロープが横に行っているのでテンションすると大根おろし器の上を滑落する事になるので大根おろし状態になる。恐怖と緊張に耐えながら慎重にスメアリングで一歩一歩進む。
50DSCN5271

トラバースルート後半で先行をビレーする安田さん。↓
60DSCN5275

トラバース後半。ここからは地元さんは歩いて来いと言うが、下は一枚岩が谷底まで続き底が見えない。まだまだ気を抜けない。↓
65DSCN5277

最後の核心部、7と8ピッチ目のルート。5級。
67P1020487

先行していた吉田パーテイが登り終え懸垂で降りて来た。↓
70DSCN5278

続いて阿部さん。↓
75DSCN5279

夏道を下山中、攀ったスラブを↓側面から見る。青矢印が通過したトラバースルート。
80DSCN5281

全員登攀を終了し、やったぜポーズ!下山は夏道を降りる。
82P1020488

ここからは山小屋「麓屋」での賄い料理の数々。
80cmもある巨大な鯛とアラのお造り。イカ刺し、飛魚刺し、アナゴ刺し。
この板刺しが2つある。仲間の居酒屋の女将さんのお造りだ。
DSCN5190

巨大鯛のお造り。
DSCN5289

アラのお造り。
DSCN5290

大きなえびの天ぷら。大きな鍋で大量の油で揚げている。
熱々を塩を一振りで頂く、シッポまでサクサクで美味しい。
DSCN5292

五島列島牛の霜降り肉。これを炭火焼にする。
DSCN5297

五島列島牛の炭火焼き。柔らかく旨い。
DSCN5303

炎上しているのは味付けした地鶏。柔らかくジューシィ。
DSCN5365

馬刺し、赤肉だが脂がのっている。
DSCN5362

ブリのゴマダレ刺し。
DSCN5361

地鶏のから揚げだが、あんかけ風。
DSCN5358

この日の為に仕入れて来たと言う、特別旨い。
これが2本あったが直ぐに空になった。
DSCN5324

イカの天ぷら。プロの女将の天ぷらはカラッとして美味しい。
DSCN5306

巨大な栗。
DSCN5296

鳥刺し。
DSCN5295

もつの煮込み。コンニャクは近所さんのお届けもの。
毎年我々が来ると言うので届けてくれるらしい。
DSCN5294

ナスとオクラの天ぷら。
DSCN5293

今回、我々の為に造ったと言う手作りのピザ窯。
具材の違うピザが何度も出てきた。
裏かたではピザのキジを丸く打ち、具を乗せ、チーズを乗せる。
燃料は杉の木。ピザを入れ2分で時間担当がOKを出す。
DSCN5384
来年2月に九州のクライマー達は、今度はニセコへスキーにやって来る。
これだけお世話になったお返しをしたいのだが、出来るのかどうかは今後の課題だ。       完

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>