20150919~21_和賀マンダノ沢

シルバーウィークを利用して、秋田県和賀山塊のマンダノ沢へ行ってきました。

夏瀬温泉の駐車場に車を停めて出発します。
つり橋で玉川を横断します。床板の木材が若干腐朽気味で怖い・・・。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1時間ほどで堀内川の取水堤に到着、ここから入渓です。
※生保内地区から取水堤まで車で入れる模様
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンダノ沢出合まで行く予定が、13時半に雨が降り出し朝日沢出合でC1 としました。
フライシートに叩きつける雨音を聞きながら就寝
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨は夜明け前に止みました。さて、堀内川は渓相だけでなく森がとても美しい事に気づきます。ブナ以外にもトチノキ、スギ、アスナロ、サワグルミなどの大木が両岸を覆います。さすが名渓100選!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水も冷たくありません。天気も回復し気分爽快!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンダノ沢出合付近のブナ林です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マンダノ沢に入ると傾斜が増し、渓相は荒々しくなります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

幾つか滝が出てきますが難しくはありません。四十肩?のせいか肩が痛いです。
痛い→動きが萎縮→更に体が硬くなるという悲しい悪循環です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

15時半頃、蛇体淵に到着です。最高のテン場でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

早速、焚火開始です。濡れた服や装備をしっかり乾かしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あ~、持ってきて良かった!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夜明けの蛇体淵です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝6時に出発です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上流の渓相も相変わらずきれいです。
次第に両岸が狭まってきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中の滝でザイルを1回出しました。泥壁状で嫌な感じです。
左岸を登ったのですが、絶妙な位置に潅木があり、鷲掴みにしました。
この潅木、多くの人に鷲掴みにされてきたのでしょう・・・。

やがて沢は開け、背後に和賀の山並みが見えてきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後は藪漕ぎも無く頂上に出ます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝日岳頂上です。夏道はありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝日沢を下降する予定でしたが、時間的余裕が無いため部名垂沢下降に変更しました。
尾根上を1時間弱歩きます。ミネカエデが紅葉していました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

部名垂沢は巻道も明瞭で傾斜がきつい箇所には残置ロープもありますが、浮石が多く落石の危険が高いと思われます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日が沈む頃、車に到着しました。
最終日は結構疲れました・・・。
和賀の森は美しく、入渓から頂上に至るまで沢登りを堪能する事が出来ました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>