2015.08.20~22 カムイエクウチカウシ山1979m

目黒労山の仲間とカムエクに行ってきました。カムエクとは「熊も転げ落ちる山」の意味だそうです。悪い天気が続いていましたが、東京から来た二人が晴天を持ってきてくれました。

P1090987
千歳空港から直行です。七ノ沢までは運動靴、沢靴、地下足袋等、まちまちです。ヘルメット・沢ベルト、増水を心配して念のためロープも持参しました。

P1090990
七ノ沢からは河原歩きが始まります。

P1090993
しっかりとした巻き道、テープ等の目印もあります。

P1090995
八ノ沢に着くと焚火の煙が、北大山岳部の若者でした。

P1090997
焚火&酒、ゆっくりとした時間を過ごしました。コッフェルを洗うのは大変ですが、今回も焚火で料理です。翌日に八ノ沢でちょっと釣り糸を垂らしたのですが、釣れませんでした。

P1090998
出発時はテントが無いんですが。

P1100001
カムエクとカールが見えてきました。この沢も荒れてきています。

P1100005
真ん中の沢を行きますが、雪渓が残っていました。

P1100008
ロープが何ヶ所かありました。

P1100010
カールに近いです。

P1100013
福岡教育大WVの熊事件は昭和45(1970年)年、昔になってきましたね。
テントサイトには熊の糞がありました。ここで運動靴に履き替えるメンバーも。

P1100015
カールを上から眺めました。

P1100017
まだまだお花がたくさん咲いていました。熊の掘り返しがたくさん。

P1100018
エサオマントッタベツ岳も見えてきました。

P1100022
頂上は目の前です。

P1100026
頂上写真です。何回来ても良い山ですね。

P1100027
日高幌尻岳はちょっと雲がかかっていました。

P1100031
ピラミッドに向かって下ります。

P1100037
下りはロープがあると楽ですね。

P1100039
テン場に着くと大勢のツアー客が、テント場もびっちりです。

P1100042
下山日は朝から雨でした。昨日が天気で良かったです。

P1100043
川もちょっと増水気味でしたが問題はありません。
同じ様な日程でピパイロ岳では低体温症で遭難救助騒ぎが、簡単に低体温症になるんですね、気を付けなくては。

20日 11:55札内ヒュッテゲート発~13:40七ノ沢出合い~15:45八ノ沢出合い
21日 4:45テン場発~7:50八ノ沢カール~9:35頂上10:15~14:55テン場着
22日 4:55テン場発~6:50七ノ沢~8:45札内ヒュッテゲート着

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>