2015.08.13~15 ペテガリ岳・ペテガリ沢B沢 山行企画部山行

山行企画部ペテガリ川沢B沢山行は5名、各地に大雨注意報が出ている中、取りあえず神威山荘に向かいました。往路途中の各河川は増水しているようでしたが、翌日ニシュオマナイ川もベッピリガイ沢も渡ることができ一安心、ペテガリ沢も「まぁ何とかなるだろう」と入渓。掲載写真はTさん写真と合わしたので少し順不同になっています。

IMGP0303
ペテガリ川沢に入渓です、少し水量が多いようですが、濁流にはなっていません。

IMGP0305
すぐ函が出てきて連続します。

P8051077
函に入ると、やはり増水が分かります。へつりも微妙になってきます。

P8051098
胸まで浸かりますが泳ぐことはありませんでした。

IMGP0308
やがて大滝、手前の急斜面から巻きました。I さんが昨年A沢を来ているので、昨年と同じ所を、ロープを出すことはありませんでした。

P8051070
途中から右に上がります。

IMGP0309

IMGP0310
これから右から左に移ったんでしょうかねー。

IMGP0312
落ちたら泳げばいいです。

IMGP0313 IMGP0314 IMGP0315
737m二股まででも充分楽しめました、増水のお蔭です。

IMGP0320
737二股には少し雪渓がありました。この後は雪渓はありませんでした。二股は非常に荒れていました。どこの沢も荒れてきていますね。

IMGP0322
A沢に少し入りテン場としました。雨の中、木も濡れていてMさんが焚火の火付けに苦労しました、働き者のTさん、Iさんが食当で調理中、美味しかったです。

IMGP0325
二股からすぐ滝が連続します、途切れることはありません。

IMGP0328
若者が先頭です。

IMGP0329
滝が見えてきました、核心?。

P8061147
テラスから水流を横切ろうとしましたが水圧で行けず、テラスの上は滑るので行く気にはならず、テラスにハーケンを打ち岩を登りました。落ち口へのトラバースが微妙でした、当然空身です。おっかねぇ~、こんな遊びしたくな~い?。

P8061151
水量が少ないとトラバース?、できませんでした。

IMGP0331
滝が続いても飽きません。

IMGP0333
大きな滝が出てきました。

IMGP0334
I さんがリードします。

P8061137

P8061158
楽しい滝登りです、るんるん。

P8061166
年寄はすぐロープを投げてもらいます、楽ちん楽ちん。

IMGP0338
源頭に近づいてきても、

P8061171
滝・滝・の連続です。あれぇ、青空も出ました。

P8061182
藪漕ぎは薄く短いです、45分くらい?。稜線が見えてきました。

P8061186
稜線に出て1分で頂上でした、どんぴしゃ。頂上には誰もいませんでした。曇って山は見えませんでしたが充実した山行でした、満足。

13日 4:50神威山荘発~7:08ペテガリ橋7:25入渓~8:10大滝~13:15 660m二股~
14:00 737m二股 C1
14日 5:05テン場発~12:05頂上12:35~16:40ペテガリ山荘 C2
15日 5:30ペテガリ山荘発~8:10車止め

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>