2015.4.11~12 企画山行 オプタテシケ

リーダーtoshiさん、サブリーわたくし、
メンバー T橋さん、T尾さん、H光さんの計5名で行ってきました!
意外にも除雪が奥までされていて、時短できそう!

9.18
札幌を6時に出てからの道中、雨が降って一同ブルーに。

9.27
でも、晴れ男健在!出発する頃には日差しも出て
そのうち半袖になる人も!

11.32
長~い林道を進むこと2時間チョイ。
オプタテの山容が見えてきて、一気に疲れも吹っ飛びました~

11.57
ポン水無川の手前からコンパス切って進むと野ウサギが。
びっくりしたのか微動だにしません!

11.58
そんなウサギを撮るキャメラマン。
「はく製かと思った~」とT尾さん。

13.29
なんだかんだで13時頃テン場に到着。
早く着いてしまったので・・・

13.47
ちょっとお遊びしながら屋外珈琲タイム♪
遊び過ぎて気が付けば16時。さっさとテントに入って水作り。

15.50
早くも出来上がってる風のtoshiさん。T橋さんは、もう飛ばし過ぎ!
買い出しに行かされるのではとヒヤヒヤのT尾さんと
スキヤキてんこ盛り!食当のH光さんはT橋さんのお世話担当も?
メンバーの個性、炸裂!笑いが山に響いていたに違いない!

P5.05
朝3:30起床。一晩サラッと雪が降ったよう。
朝の食当はT尾さんのお茶漬け♪食当初体験です。
スキヤキもお茶漬けも、とても美味しゅうございました(^o^)

 

p5.23
なんと清々しい朝!やや二日酔いの頭も出発することにはシャキッ!

p5.37
美瑛富士に朝日が当たって、感嘆のため息が♪
いや、ただの息切れという説も?

p5.36
MEN’S CHUO!イエ~イ♪♪♪

 

p5.46
反対側には大雪山の山並み。
聞こえるのは私たちの感動の声と静寂だけ♪

P6.11
兼用靴のT橋さん。ジグを切りながら軽やかなステップ♪

P6.13
こちらのT尾さんも兼用靴。靴擦れしていたのに
すんごい笑顔で登ってます(笑)

P6.14
こちら、登山歴ウン十年の登り。

P6.39
キャメラマンの腕もさることながら(?)
モデルのポージングも決まってます。

p6.59
目指すところはただ一つ!それに向かって進むだけ!

p7.28
美瑛から手を振るパーティーが。
こちらも腕が飛んでいくくらい振返しました(笑)

P7.52
ハイペースで追いついてきたそのパーティーは
爽やかさが眩しい北大WのOB君たちでした!

p8.13
この稜線が、何度も何度も登山心をくすぐります。
photo by toshiさん

P8.16
『だから山はやめられない』そんな言葉が自然に出てきます。

P8.37
標識を救出するH光さん。
他会の方によると、標高年のピークは積雪が多すぎて
見つけられなかったそうです。

P8.42
北大OBくんたちに撮ってもらう!

p8.43
図々しく、他のカメラでも撮ってもらう(笑)

P8.50
命辛々登ってきました風のT尾さん。顔がニヤけてますけど。

 

P8.51
360度、大パノラマ!日高の山容や、遠く道東の山まで見渡せました!
30分ほど滞在したのち、名残り惜しいけどピークを後に。
途中、北陵Cの滑り屋さんにもバッタリお会いしました~

P9.36
スキーデポ地まで、一瞬ガスが立ち込めました。
山の天気は本当に変わりやすい。

 

p10.02
スキーデポ地から、シールを剥がして滑りモード全開!
キャーだの、ギャーだの、ウワーだの…色んな声が響きました。
プラブーツは滑りに適さないけど、笑いが絶えないのが
山の良いところ♪

P11.40
あの鋭鋒まで、自分の足で行ってきたんだ!!と自分を褒め、
長い長~い林道に玉砕されて終了!(笑)
帰りは富良野の支那虎ラーメンこがし醤油に舌鼓。
フラノデリスのチーズケーキをお土産にして帰りました~♪

11日                  12日
6:00 札幌出発           3:30 起床
9:20 車止出発            5:00 C1出発
13:00 C1(1170m)         8:40 ピーク(2012.5m)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10:30 C1
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12:20 車止め

地図GIF_1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>