2014年11月 ヘランブー~ゴサインクンド~タトパニ トレッキング

ゴサインクンドは普通ドゥンチェから入った方が楽だが、そのコースは行ったことがあるので、今回のコースはヘランブーからゴサインクンド~シャブルベシ~タトパニとし、最後に温泉入浴を目的としたトレッキングを組んだ。

P1090408
カトマンズからタクシーでスンダリジャルへ。ここはカトマンズの水道の取水場でもある。
トレッキングの始まりは導水管の脇の石段を上がって行く。

P1090411
途中、ランの花があちこち咲いていた。

P1090412
切り通しの道が多く歩きやすい。また、トレッキング者も少なく静かな歩きを楽しめる。

P1090415
1日目の泊りのチソパニが見えてくる。

P1090416
カトマンズ8:20~チソパニ13:15
自動車道が通っているので、車で行くこともできる。

P1090419
自動車道は時間がかかるので、村人に道を聞きながら近道を。

P1090424
ヘランブーは里山を歩くという感じだが、アップダウンが多いルートだ。また自動車道と重複する部分もある。

P1090429
チソパニ7:20~クトゥムサン15:00
部屋代、食事のダルバート、ヌードルスープ、ゆで卵、ロキシー、お茶・水・お湯・他等で1200ルピー。トレッキングは交通費&ロッジ代&食事等自分で支払いをすると安い。
カトマンズで5日間続いた下痢と嘔吐が、トレッキングを始めて良くなったのでロキシーを。

P1090437
タレパティはゆっくりしたい所だ。

P1090438
ゴプテの2件のロッジは満員で泊まることができず、フェディに行くことにする。

P1090439
フェディはまだまだ遠く、ラウルビナヤク・パス4610mも見える。

P1090442
フェディまでだと暗くなるので、ゴプテから30分くらいの所にあった茶店に頼んで泊めてもらう。すきま風の入る小さな粗末な小屋だが、ローソクの灯りでストーブを囲みロキシーを、ん~幸せ。床に毛布を敷いて泊めてくれた優しい女主人とガイド。
クトゥムサン7:20~茶店16:00

P1090459
フェディ・ハイキャンプからはスリヤピークが目の前に。

P1090464
タルチョがはためく峠に、峠は広い。

P1090474
雪面が硬く歩きずらかったが、ゴサインクンドが見えてきた。
茶店7:40~ゴサインクンド14:00
翌朝、ゴサインクンドからシャブルベシに、長かった。

P1090494
シャブルベシに一泊し、歩いてタトパニへ。
チリメまでバスだと、カトマンズ発早朝のバスが14時頃にシャブルベシに来るので、それに乗るとチリメで一泊し、さらに歩かなければならない。村人しか歩かない道を5時間歩いてタトパニへ行くことにした。途中では、食事もビスケット等も買えなかった。
写真は途中のタマン族の村。

P1090498
カトマンズに電気を供給するため、発電所の工事が進んでいる。

P1090503
やっとタトパニのある村が見えてきた。

P1090510
浴槽は男子・ファミリー・女子と分かれていて鉄分の温泉は源泉かけ流し。
多くのネパール人が遠くからも来ていた。温泉が非常に気に入ったので一泊の予定を二泊し、入浴してはビールとロキシーを楽しんでいた。帰路も往路を戻りシャブルベシに、下り道なので早い。翌日にカトマンズへ、9日間のトレッキングだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>