2014.07.06 雷電山 精進川

ネットをいろいろ検索をしてたら面白い沢が出てきたので行ってみた。江戸時代、「雷電山道」が精進川を遡り雷電峠経由で朝日温泉、さらに雷電岳の北西尾根を乗り越して当別川を下り岩内へ抜けたとのこと。これは行ってみなければならないと、いつもの沢好きメンバー4人が集まった。車を1台、廃業した朝日温泉にデポ、蘭越町港町の「道の駅」手前の道から入り最終人家(普段は人がいない)の道路の際に車を置かせてもらった。

IMGP0166
左下を流れる精進川を見ながら水田や畑に水を引く灌漑水路を行く。道が切れる最初の大きな滝を過ぎてから入渓。車の置き場から10分ちょっと、ここまでは道も手入れが行き届いている。

IMGP0169
川石で水路に水が流れるようにしてある。

IMGP0171
入渓してすぐ滝が見えてくる。

IMGP0172
右岸を簡単に行ける。

IMGP0173
越えるとその先にも滝が。

IMGP0174
今度はゴルジュ帯が始まってくる

IMGP0175
流木を利用して。

IMGP0179
自分は中を来ました、中も何とか。

IMGP0180
泳いでいますが、最後に行ったのですが足が着いたのでは?忘れましたが。

IMGP0181
険悪な様子、簡単に左岸の棚を行けるのですが巻いた上から見ると最後が登れるのかなぁ?。長い沢なので時間を気にして・・、言い訳です、巻きました。

IMGP0183
楽しいです。でも曇り空寒いです、陽も当たりません。

IMGP0187
水流3本の変わった滝が。

IMGP0190
20mの滝、Y君が流木に支店を取り攀じりました。ここが一番難しかったです。

IMGP0194
この沢は流木が多いです。ちょっと中だるみが2時間超続きます。

IMGP0195
ハングの滝が現れました。左側から登りました。この沢は読図は難しいです。分からないといってもいいと思います、特徴的なこの滝は、GPS高度で720mの地点です。

IMGP0199
今度は20mの滝、右岸を登りました、見た目ほど難しくはないです、フリーでも。

IMGP0204
すぐこの滝が。

IMGP0205
IMGP0206
IMGP0207
IMGP0209
珍しい沢なので少し詳しく。

IMGP0210
斜面にはウド畑が何ヶ所も、時間をつぶしました。

IMGP0211
最後の滝です。

IMGP0214
この様な笹のトンネルがあり、助かりました。藪・ハイ松漕ぎが15分で済み登山道へ出ました。。

IMGP0217
2012年、HクラブWさんが初遡行と書いていました。精進川はネットで見てもWさんのHPしか検索できませんでした、やはり珍しい沢なんでしょ。Wさんは頂上まで7時間、我々は4人パーティーで山菜取りをしたとはいえ8時間を越えました。長~い沢です、朝日温泉への下山も2時間以上かかるでしょ。10時間を超える行動、疲れました。でもこの時季、山菜のお土産付きもあり楽しかったです。やはり山谷グレードは!!の沢だと思います。それにしても本当に「雷電山道」は精進川を遡ったんでしょうか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>