黒松内川ぶな滝沢285左俣ルート

夜は地元のN子さん宅に宿泊させて頂き楽しい宴会!N子さんありがとうございました~!
翌日は沢入門後のフォローアップ山行として、3パーティーに。
入門者 4人  スタッフ9人  計13名。
内、I村パーティーは重滝沢右股ルートでした~!
S藤パーティーはT中パーティーと一緒に、ぶな滝沢285左俣ルートの報告をします。

1

 

 

 

 

 


先ずは3パーティーの集合写真!。(撮影はS藤リーダー)
生憎の小雨にも負けず笑顔(*^_^*)沢好きの証拠です!

3
6:30出発。入渓後直ぐに滝が出てきます。

5
くノ一・・・ではなく、 くの字の滝です。

6
C285分岐左俣を進み、15mの大滝。

7
右巻きで。泥壁につま先で足場を作りながら進みます。

8
巻道の途中から戻り、果敢に攻めるM柄氏とS藤氏。
ここで熾烈な師弟関係を垣間見ました(笑)
※動画を撮ったのですがアップできないので次の例会で…。

10
2~5m級の小滝の連続!先行パーティーを見守ります。

11
なるべくお助け紐は使わずに…という新人T橋さん

12
C400くらいで見事な雪渓が!

13
T橋さん、メガネが曇ってますよー

15
アグレッシブに攻めれば小さな怪我もあります。

17
アメリカから帰省中のYちゃん、2年ぶりの沢!

18
先行パーテイーが真上から見下ろしています。

19
〇〇もおだてりゃ、滝も登る…の図。

C500くらいで大きな岩が動き、先行パーティーM上さんとM井さんが
安全な場所まで移動してくれて、大事には至らぬというヒヤリがありました。
何気なく触る岩にも、気を付けなければなりません。

21
C660付近の源頭から岩盤を登ります。

22
ガスと強風でしたが、頂上は近い!
ほんのちょっとの藪漕ぎをして・・・

23
10:00前にピーク踏み集合写真!
物足りなさを感じるメンバー数人いる中、
寒さに耐えきれず、I村パーティーを待たずに下山します。

24
下りは夏道ルートから。
遊び上手なT田さん!釣と沢は半々で…と仰っていました!

1時間ほどで下山し、30分後くらいに、I村パーティーも無事に下山。
帰りは黒松内温泉「ぶなの森」で汚れを落とし、
寿都の日本海食堂で海の幸を堪能。
山+グルメでちょっと贅沢な山行でした~(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>