2014.06.28 古平川下二股川

1980年発行の「日本登山大系」に載っている沢で、当会でも他会でも、結構登られている沢だ。今回のメンバー内の一人も、過去に行ったことがある。札幌からの日帰山行だと、確かな登攀力&体力&スピードが要求される。足の揃ったパーティーでないと苦労するだろう。でも楽しい綺麗な素晴らしい沢だ。山谷グレードだと!!か!!☆、もちろん滝をどれだけ直登するかによるが。

IMGP0065
朝、札幌を発ち道道から林道に入ると、すぐゲートがあり施錠されていた、これは予想外。

IMGP0068
途中から林道は荒れて草木が覆い始める。

IMGP0069
林道歩き一時間半で入渓、するとこんな沢だが。

IMGP0072
15分歩くと大滝が現れてくる。2段40m。この沢の核心部分だ。

IMGP0073
4級+の岩だというが、釜に少し入り一段上がるのに苦労。ショルダーすれば簡単だが。

IMGP0074
流れに向かって右上していく。

IMGP0075
1本目のハーケンに届いた。新しいイボイボがあったが、浅打ちだったので少し打ち込む。
ロープを掛け一安心、次の一手が難しい。とにかく滑る岩だ、ホールドもスタンスも小さい。

IMGP0076
凹角に入って行くが、ハ ーケンは20mの滝で2本、もう少し欲しいなぁ。

IMGP0077
2ピッチ目は右岸の簡単な岩から草付きに入って高巻く。途中から2段目を写す。

IMGP0079
滝が多いが楽しんで行ける。

IMGP0081 IMGP0082
雪渓が出てきて、下をくぐる。

IMGP0085
200mも続くという滝下で休み。

IMGP0086

IMGP0088
途中に大きな滝壺

IMGP0091
沢は綺麗で天気も良く沢日和、本当に楽しい。

IMGP0093 IMGP0096

IMGP0097
登れないことはないが時間を考え、見えるルンゼの途中から高巻きました。

IMGP0102
左岸を巻き。

IMGP0105
一段上がった左側を巻けるが、敢えて沢中を泳ぎます。

IMGP0107
もう林道にぶつかっても・・と思うのだが、なかなか林道が出てこない。

IMGP0109
まだまだ楽しめます。

IMGP0110
やっと林道の鉄管のトンネルが見えました。この後2時間半、草木の被った林道歩き。林道歩きは往復4時間、途中には熊の糞が何ヶ所も。本当に楽しい沢でしたが、日帰りは疲れました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>