2014.06.21 室蘭岳裏沢

沢入門だけではつまらないと、前週雨で流れた室蘭岳裏沢に行ってきた。メンバーは4人、いつもながら中央は女性が活動的。

IMGP0001
駐車場に着くと車が4台、川又温泉に来た人達だ。話を聞くとわざわざ札幌から温泉の湯を汲みに来たという。湯の効用は、癌も治った人もいるとのこと、本当?。

IMGP0003
川又温泉への道を歩くと出合いにぶつかります。

IMGP0004
すぐ綺麗な滑が出てくる。

IMGP0006
おぉーこれはと期待を抱かせる様相。

IMGP0008
滝も簡単です。

IMGP0009
やがて伏流に。

IMGP0011
また流れが出始めます。

IMGP0012
滑も出始めます。

IMGP0013
今回は左股を遡行するのだが、二股には黄色い看板があるというが、確かにありました曲がって、見逃すかも。

IMGP0015
傾斜が緩いので滑りそうな滑でも問題はありません。

IMGP0018
ホールド・スタンスを選んで。

IMGP0022
次の二股は右を行き、沢から北尾根からの支稜を登りました。
傾斜がきつくなるとこの様な滑めは大変でしょう、敢えて難しいルートを選ぶこともないでしょう。

IMGP0025
久しぶりの良い天気、頂上には登山者が大勢。

IMGP0028
カムイヌプリへの登山道を行きコルから滝沢を下りました。下り口は標識もあり、ロープがありました。

IMGP0033
滝にもロープが。

IMGP0036
左の沢を下ってきたのですが苔の綺麗な滝が。

IMGP0038
滝沢を遡行した方が楽しいかも?。途中から林道を歩き駐車場へ。

IMGP0043
ついでですから、川又温泉に行ってみました。駐車場から歩いて10分くらいです。右は使うことができない脱衣所?。小さな湯船があり、湯は温めでそこから温泉の気泡が出てました。ちょっと温すぎるかなぁ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>