14.3.9銭函天狗山

3月9日、Sさんとミックス初のMさんの3人で銭函天狗山の東壁に行ってきました。

 

一般道からフリールートもある岩壁の基部をトラバース、傾斜が緩くなったあたりに取り付きます。赤線が今回登ったライン。

P1000684aP1000685a

 

落ちなさそうで恐怖はありませんでしたが、雪が深く足元が崩れてちっとも上に登れない・・・

アックスのシャフトを差す位置などを工夫しながら必死にもがいて、何とか太い灌木で1Pを切りました。

しかし結局2Pで山頂に抜ける予定でしたが雪庇に阻まれ引き返すことに。下はMさんの懸垂中の写真。

P1000687a

 

頂上には抜けられず残念でしたが、深雪の身のこなし方など有意義な登攀になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>