2014.03.17~18 キナバル山

ボルネオ島にある東南アジア最高峰キナバル山(4095.2m)に登るため3月15日に札幌を9名で出発しました。16日クアラルンプールを経由してコタキナバルへ、翌朝6時40分宿泊したホテルから車でピックアップされ2時間程で標高1560mのキナバル公園本部着。ここで入山手続きをして、また車で標高1870mにある公園ゲートから1泊2日の登山を開始しました。

 

DSCN0863
メンバー全員での出発前の1枚。

DSCN0864
公園ゲート9時30分発。

DSCN0871
途中のシェルターで休憩です。こんな休み所が
要所要所にありとてもありがたいです。
水洗トイレも完備されています。

DSCN0898DSCN0902
3280mに建つ、今日の宿泊するペンダント小屋
が見えました。

DSCN0904
こちらは標高3300m付近に点在する小屋の中で
一番大きなラパンラタ小屋をバックにしての1枚
です。上部にはドンキーイヤーズ・ピークなど
が見えました。

DSCN0909
15時35分ゲートから6時間、公園本部からは
高度差1720mを一気に来ました。

DSCN0915DSCN0923DSCN0927
小屋の中で明日キナバル山登頂後下山ルートに
使うヴィア・フェラータをする為、ロープとカラビナ
の架け替えをガイドから講習を受けています。
これを受けないとヴィア・フェラータは
出来ません。一応皆真剣です・・・

DSCN0942
翌朝は1時半に起きて軽い朝食を取り
ヘッドランプを点けて2時半には出発です。
気温は2~3度?風があり寒いです。
そして寝不足と睡眠時の酸素不足で頭が少々痛い・・・

DSCN0949DSCN0962DSCN0961
キナバル山最高峰ローズ・ピークに向かう、
あと高さにして100m程。

DSCN0968
6時、小屋から出発して3時間半で頂上に着き、
混雑するピークから少し下った所で撮った1枚、
朝日を浴びて最高でした♪

DSCN0965DSCN0973
我々が下山に入ってもまだ多くの人達が
登って来ます。

DSCN0980
下山途中ドンキーイヤーズ・ピークを望む。

DSCN0979DSCN0981
7時、キナバル山南峰の裾を巻いて
標高3776mにあるヴィア・フェラータの
ポイントに着きました。富士山と同じ高さです。

DSCN0984DSCN0987
いよいよ雲のアトラクションへの開始です。
下はスッパリとキレ落ちていますが~

DSCN0992
ステップが設置されとても安心でした。

DSCN0995
少々、調子に乗って余裕?

 

DSCN0998DSCN0999DSCN1031DSCN1012
吊り橋の長さは20m以上あります。

DSCN1016
花崗岩のスラブをガイドを先頭にメンバー全員
と繋がったロープ。ハーネスのカラビナ2枚を
固定されたワイヤーに架けながら下ります。
そしてロープとカラビナを固定されたピンに
架け替えながら・・・ もう楽しくて楽しくて
たまりません!

DSCN1028
途中の岩場で休むガイドのアン(右)と
△★☆?(左)の二人

DSCN1034DSCN1035
高度差365m長さ1.2Kmのヴェア・フェラータの
終了点です。開始から3.5時間途中ワイヤー
なしのジャングル帯を抜けたりとして、ここまで
何百回とロープ・カラビナの架け替えを
したのか・・・最後は少々飽きて来ました。

DSCN1045DSCN1136DSCN1193
全員サミットした2日間のキナバル登山を楽しんだ後は一気にリゾートモードに切り替えて、北ボルネオ鉄道やカヤックを漕いでホタルを見たり、翌日はコタキナバルからボートで30分もかからないビーチと珊瑚礁が美しい島々を巡ったりと楽しんで帰って来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>