2020.06.21於曽牛山北西面沢

会のMちゃんが2017.05に行った沢です(会のHPにアップ済みです)。今の時期、余り行く所も無いので、自粛明けで遠出も可能になったので行ってみました。メンバーは5人。日高幌尻への道をいき、シドニ川沿いの林道を入るとすぐスタート地点です。

DSCN0777
車を置いた前の林道跡?を行き

DSCN0778
入渓するが、Mちゃんの時と比べてかなり水量が少ない。

DSCN0779
すぐに滝が現れてくるが、前週のヒクタ峰の沢と比べて遙かに滑らない。

DSCN0780
簡単な滝が続きます。

DSCN0781
結構、荒れている沢?。

DSCN0782
滝の連続。

DSCN0783
皆、フリーで行けないことは無いが無理をしないで一人が登れれば良い。
もう無理はしたくはありません。Mキの夫君Y君、今年の初沢だが果敢にロープを引っ張っていきます。

DSCN0785
Mちゃんがコメントを書いていた滝、72歳のロートルが登り上からロープを投げました。

DSCN0786

核心の滝、登れそうな気もするのだが滑りそうだし脆そう、ハーケンも打てないのでは行く気も起きない。すぐに高巻きに入ります。

DSCN0788

右側の草付き泥壁をY君がロープを引っ張っていきFIX。

DSCN0790
滝の落口のトラバースにもFIX。

DSCN0791
落口の上の滝。

DSCN0794
二股は左の方が滝が続いて良そうなので左へ。

DSCN0796
お助けを出すY君、大活躍です。

DSCN0799
5月よりは滑るのかもしれないです。

DSCN0800
滑りそうな滝が出てきて行けないことは無い?、無理はしません。
Mちゃんの時には流木のあった所の滝かな?

DSCN0801
左側から巻いてロープで下ります。

DSCN0803
滑滝が続くのですが

DSCN0804

DSCN0805
落ち葉が邪魔です。

DSCN0807
花に詳しいH子さんが名前を知らなかった花。

DSCN0808
急な斜度の山です。

DSCN0809
沢から右の支尾根に上がりました。笹が短く藪はありません。ただ急傾斜です。

DSCN0811
斜度の落ちた北西尾根稜線に上がり頂上へ。鹿道もあります。

DSCN0813
錆びたポールがある頂上。

DSCN0814
日高幌尻が遠くに。

DSCN0816
下降は急斜面なので転んで滑ると早いです。
割と天気に恵まれ楽しかったです。

タイトルなし

車留め7:42~7:50入渓~9:00核心の滝高巻き~11:35支尾根~11:50北西尾根稜線~12:07頂上12:15~13:40林道~13:46車留め

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>