2020.06.13ヒクタ峰東面左股沢~逆川下降

今年の2回目の沢はMが見つけてきた沢を、丹鳴川と大した変わらないメンバーと行って来た。目的は80m大滝の確認、本当ならば近郊では最大の滝になるだろう。

DSCN0734
下降に使う逆川林道入り口に車を1台デポ、滑沢川林道を出発する。

DSCN0735
10分ほど歩くと入渓だが、沢は小川だ。

DSCN0737
最初に出てくる沢を通り越し進むと二股になり、そこから目指す大滝が見えてくる。

DSCN0738
写真は明るくて分からないが、岸壁と大滝が見える。

DSCN0739
岸壁も脆くなければ登れるのだが。

DSCN0740
滝の基部でスマホGPSでは548m。

DSCN0741
滝は非常に滑る、だましだまし登る。

DSCN0742
下部は傾斜は無い。

DSCN0744
写真を撮ったが何を見てるんだろう?。

DSCN0745
T君とMはあえて難しいところが好きだ、ここは簡単だったそうだ。

DSCN0748
水流は滑るので右側の岩っぽいところを。

DSCN0750
滝の落口に向かって。

DSCN0751
滝の左側の岸壁。

DSCN0752
落口への最後の滝を登る。落口でスマホGPSを見ると高度差は75m、80mの大滝は本当だった。

DSCN0755
更に行くと小滝が幾つか出てくるが、簡単だ。

DSCN0756

DSCN0757

DSCN0760
源頭になってきて藪漕ぎが始まる。早く稜線に出た方が楽かなぁと思ったが、もっと頂上寄りにルートを取った方が早かったかもしれい。

DSCN0761
雪のあるときにも来たことがあるが、頂上の看板はそのままだった。

DSCN0763
藪が濃いので皆が入らない。

DSCN0765
久しぶりに上天の裏側を見た。

DSCN0766
頂上から逆川に向かって下りるが、藪が薄い。何でこんなに違うんだろう、北斜面だからだろうか?。途中大岩がここにだけ。

DSCN0769
滝が出てくるが問題はなく下りれる。

DSCN0770
又今日も山菜を各種沢山。採った山菜を休んだときに忘れてきたメンバーもいたが、再度採り直してOK。

DSCN0771
ミニゴルジュぽい所があったが、見に行くゴルジュ大好きT君。

DSCN0772
巻いて戻ってみると、濡れれば問題はないようだ。
まだ濡れる気は起こらない。

DSCN0774
途中から林道に上がり、ゲートに。ゲートに着いたときに雨が降り始めた、ちょっとゆっくりしすぎたようだ。逆川は上流は滑らなかったが、下流になるに漬け滑り出した。

タイトルなし
7:33滑沢川林道ゲート発~7:52入渓~8:10二股~8:15大滝取り付き~8:50大滝終了~10:00藪漕ぎ始め~11:45頂上~12:05~15:20逆川林道入り口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>