2019.7.15 メップ岳 利別目名川南西面直登沢

7月の3連休は山行部の企画山行で戸蔦別川六ノ沢、九の沢、十の沢と3パーティが入る計画を立てたが、十勝方面は生憎の雨予報が外れず、変わりの山域を決めるのに一苦労する。結局比較的天気が落ち着きそうな道南メップ岳の沢に、九・十の沢パーティーが行くことにした。

 

DSCN9625
DSCN9628
林道の車止めはカスベ沢に架かる、冷水橋を渡った所に数台置けるようになっている。我々九の沢パーティーは林道途中に前泊して出発する。

DSCN9632
DSCN9635
車止めから沢沿いの林道を20分程進んで、一ノ沢出合いから入渓する。

DSCN9637
出だしは平凡な渓相、やや増水気味かな~?

DSCN9642
少し開けてきて奥の沢筋に滝2本が望まれる。

DSCN9650 DSCN9653
Co460mのF1.7m

DSCN9658
F1から5~6分程で2段の滝、記録では1段目は巻いて2段目は登るとあったが、高巻きすぎてしまい2段目上部に抜けてしまう。

DSCN9662
傾斜が増し小滝が連続してくる。

DSCN9665
振り返ると北檜山の町と風力発電の風車が7機、望まれた。

DSCN9668
意外と手強い小滝達!

DSCN9674
Co650mチムニー状の滝、ここはシャワーで中を行くしかない!

DSCN9675 DSCN9679
記録にある画像と比較するとかなり水量多めです。トップはI村さん、抜け口が大変そうで、かなり水を被って抜けて行く。

DSCN9686
続いて行く2人、冷たい水を頭から全身に浴びると、低体温症になりそうです。

DSCN9690
入渓からずっと曇り空だったのが、かすかに青空が広がってくる。

DSCN9693
Co820m付近から手強い小滝群から開放され、源頭の雰囲気が漂ってくる。

DSCN9719
お花畑に出たら濃密な笹藪を漕いだら頂上も近い

DSCN9720
6時間掛り頂上到着~。車止めを1時間遅れで出た十ノ沢パーティーに、最後のヤブ漕ぎで追いつかれてしまう!平均年齢で20歳も違うから、マァしょうないか~

DSCN9721
頂上から確実にコンパスを合わせ、一ノ沢目掛け下降して行く。過去に当会パーティーが尾根を越えて真駒内川に降りてしまい痛い目にあっているので・・・

DSCN9722
ヤブ漕ぎしている間に青空が拡がり山行日和となる。頂上からは濃い笹を漕いで目の前の笹藪がなくなると、カスベ岳が視界に入り足元に花畑が拡がる。

DSCN9728
花畑の斜面を、一の沢目掛けて下って行く。

DSCN9731  DSCN9733
途中懸垂4回をして直登沢出合いに戻るが、一ノ沢は滑り予想以上に時間もかかり疲れる沢だった

s-メップ岳南西面直登沢1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>