2019.4.20 栂谷

沢好き4人が沢シーズンを待ちきれず、紀伊半島南部を流れる熊野川支流高田川栂谷にやって来ました。前日は熊野本宮近くの渡瀬温泉にあるキャンプ場に泊まり、高田川沿いある雲取温泉の前を通り、30分程で入渓点に到着する。

DSCN9006DSCN9007
橋の名前は栂の平橋と記され、この下に栂谷の沢が流れています。

DSCN9010
約半年振りの沢に思わずニンマリ!

DSCN9015
入渓して間もなく、キツイ滑り台のような長さ50mのナメ滝に出合う、なかは行かず左岸を進む

DSCN9018
ナメ滝上部、なかを行ったら水流で足が掬われそう

DSCN9022
癒やされます。

DSCN9024DSCN9041
巨岩が続きます。

DSCN9049
橋から1時間20分程、高さ70m沢沿いに半円状にそびえる、ヤケベの岩場に到着する。

DSCN9054
岩場の下、滝の手前で

DSCN9056
滝は左岸から・・・

DSCN9059
滝に上がって  

DSCN9060
滝の上部からヤケベの岩場を見上げると、首が痛くなりました。

DSCN9075
超巨岩が・・・

DSCN9091
橋から2時間半、いきなり道標があらわれる。烏帽子山へ続く行者道、沢を横切っているようだが、後が不明瞭で廃道?

DSCN9099
520三股手前の12mナメ滝、右岸杉の木の間を進む

DSCN9105
ナメ滝上部は長さ100m以上のナメが現れる。試しに中を歩くと以外と滑る。

DSCN9106
580m三股の滝を登ると

DSCN9110
廊下状のナメが続く・・・

DSCN9114
桜が咲く

DSCN9119
源頭の雰囲気

DSCN9129
夏道に出ました。

DSCN9132
頂上手前の烏帽子岩、ハシゴを使い登って来ました。

DSCN9134
烏帽子山到着~ この山は新日本百名山だそうです。

DSCN9136
俵石からの登山口に着きました。

やはり南紀は暖かい、熊野川はいい沢がたくさんあるようです。北海道の人間として年中、沢に行けて羨ましい限りでした。
この後も沢とも思いましたが、せっかくはるばる来た世界遺産の地なので熊野三山と熊野古道を巡ってきました。

4/20
06:20 栂の平橋
07:40 ヤケベの岩場
09:12 580m三股
10:05 夏道
10:30 烏帽子山
11:55 栂の平橋

2019.4.20 栂谷” への1件のコメント

  1. 紀伊半島の沢は何度も行ってますがいいですね、やはり。冬でも登れますから正月企画なんてどうでしょう!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>