2019.04.04~05 十勝岳(1456.6m)~楽古岳(1471.4m)

年代は各自大幅に違うが同じ4月生まれ、また血液型も同じ3人が昨年に続き誕生日山行を南日高の山でしてきた。今年は更にruiの結婚のお祝いが重なり楽しくも厳しい山行になってしまった。

DSC00926
ルートは翠明橋公園の目の前にある尾根を登ることから始まるが、最初から急傾斜の取り付きだった。少し歩いてみて埋まらなかったので、つぼ足で行くことにした。

DSC00927
急斜面を登り切ると今度は痩せ尾根が続く。天気が良く晴れ渡り風も無い、最高の登山日和だ。

DSC00930
向こうは豊似岳の方だろうか稜線が見えてきた。

DSC00932
何ヶ所か稜上を行けずトラバースをしなければならない箇所も。

DSC00934
十勝岳、右奥に楽古岳も見えてきた。主稜線はまだまだ遠い。

DSC00936
サラサラだった雪もアイゼンに団子状になってくる。

DSC00937
出来れば十勝岳を越えてテントを張りたいと考えてきた。

DSC00938
登ってきたルートを振り返る。アップダウンが多い。

DSC00939
支稜とはいえ、やはり日高っぽい。

DSC00940
オムシャヌプリ(双子山)が。

DSC00942
少し休憩、まだまだ余裕。

DSC00944
1200m地点の樹のある所にテントを張ることにしました。

DSC00945
この斜面を削り、

line_460332737716078
立派なテント場が出来ました。風も当たらず暖かったです。ruiの写真です。

DSC00947
Y子さんがケーキを持ってきてくれました。

DSC00950
天気は下り坂なので3時半起床、用意ができ次第出発。

DSC00951
朝陽が当たって来ました。

DSC00952
ピリカの方まで見えました。

DSC00953
風も弱いんです、何も問題はありません。

DSC00954
楽古岳の方からご来光です。

DSC00957
やった~、十勝岳山頂です。

DSC00959
朝陽も上がります。

DSC00960
天気は予報では下り坂ですが、山を前にしては行かないわけには行きません。

DSC00962
北側の主稜線です。

DSC00963
十勝岳を下っていくと

DSC00964
巻かねばならない所も出てきます。アップダウンもあります。楽古岳の登りまでは晴れていたのですが、

line_460334159027848
風が出てきて視界が悪くなりました。この写真はruiカメラです。自分のはシャッターが落ちなくなりました、設定がズレたようです。十勝岳→楽古岳は3時間で来たのですが、楽古岳→十勝岳は強風&吹雪&視界無く、難儀しました。GPSの電池も無くなり電池交換してやっと位置確認、十勝岳→テン場も30分で登ったのに下りでも1時間、テン場もやっと見つけました。こんなに天気が悪くなるとは思いませんでした、油断しました。テン場からの下りも難儀、翠明橋公園に下りると雨でした。楽しくも厳しい山行でした。ruiはチロロには行ったことがあるようですが、本格的な日高デビューの山行でした。

4日 8:40翠明橋公園~14:10 1200m地点幕営
5日 5:30幕営地発~6:00十勝岳~9:00楽古岳9:05~12:45十勝岳
~13:50幕営地14:10~18:00翠明橋公園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>