2018.10.13-14 シシャモナイ海岸岩登り

シシャモナイは積丹半島の神恵内にあり、張り出し6mに及ぶ「への字ハング」で有名ですが、近年はあまり登られていないようです。

しかし、昨年よりH稜クラブの方々を中心としてへの字ハングの再生プロジェクトが始まり、私も今回初めて混ぜてもらうことにしました!

DSCN0822_R
駐車場から20分歩いたところに懸垂ポイントがあり、100mほど海岸へ懸垂します。最後は落石注意!

IMG_7354_R
海岸をアプローチ中。難しくはないが一部岩登りがあり、緊張・・・

IMG_7366_R
への字ハングが見えてきました!

IMG_7371_R
H稜の先行パーティがダイレクトルートを登攀中

DSCN0831_R
テンバはシシャモナイ滝の下で、流木が豊富にあり快適に焚火ができます。ほとんど誰も来ないところなのでプライベートビーチみたいです

DSCN0835_R
真下で見るとすごい迫力。ごくり。

IMG_7400_R
我々は初めてということもあり、比較的簡単な大スラブルートを登ることにしました。ビレイ点以外ほとんど何もありません。

DSCN0836_R
2P目終了点近くのみみ

DSCN0837_R
みみには3P目をリードしてもらいました

DSCN0838_R
大スラブ終了、う~みだ~

H稜のK山さんによると赤ガレを下降したとのことですが、落石多発で危険!大人しく大回りして藪の薄い沢型を下降し、懸垂なしでへの字ハング下に戻りました。

IMG_7422_R
夜は海を眺めながら焚火と乾杯!

翌日はクレイジールートです。5級のピッチが連続していて手ごたえあり。

IMG_7434_R
1P目はⅢ級。

IMG_7444_R
4P目をリードするわたくし。ちなみに山谷の記述だと2P目は4級とのことでしたが、とんでもない。Ⅴ+~Ⅵ-はありましたので要注意。

IMG_7440_R
たか~い

IMG_7447_R
隣を見れば、への字ハングにフリールートを工作中。。

IMG_7449_R
逆光!

IMG_7457_R
ほんとは7P目の草付きがあるのですが、時間が押しているのでここで終わりにしました

IMG_7460_R
懸垂3P で地面に戻りました。感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>