2018.08.05 我呂ノ沢

前から気になっていた余別岳の美国川支流我呂ノ沢へ、入門を終えて今回沢3本目のI井君・K田君とY子さんの4人で行って来ました。

DSCN8653
美国町から道道568号線を舗装された道路を終点まで走り、橋を渡ると通行止めの看板があるので、ここに車を置いて出発します。

DSCN8654
整備された林道は1Km先の大きな砂防ダムまでで、その先はかすかに踏み跡と分かる林道の痕跡を歩き最後は強烈なヤブ漕ぎで我呂ノ沢に出合う。

DSCN8659
我呂ノ沢は想像して以上明るく開放的な沢だった♪

DSCN8669
入渓してから30分程で庇のある洞穴のようなのが・・・古い鉱山のトンネルもあり、沢のなかには鉱山の痕跡と思われる錆びた鉄管、鉄筋が刺さった大きなコンクリートの塊りもありました。

DSCN8671
簡単なへつりもあり

DSCN8676
ここが魚止めの滝ようだった。

DSCN8678
左からの斜滝が見えたら300m二股だ

DSCN8682
チョット際いへつり

DSCN8687
Co360mにある10mほどの直瀑。ストレートに滝壺に落ち込む様は迫力があり圧倒されます。右岸を巻いて行きます。

DSCN8693
この沢は下から巨岩が続き越えるのに一苦労

DSCN8695
時には癒しのナメが・・・

DSCN8698
Co380mの3段の滝、3段目は隠れて見えません。左岸を2段目上まで巻いて

DSCN8702
3段目、Y子さん果敢にも責めますが取付けで深くなってしまい、最初の一手が届かず( ;∀;)

DSCN8706 DSCN8709
I井君頼りになります。

DSCN8711
450m二股

DSCN8713 DSCN8717
段々と沢が荒れた感じになり、頂上を目指さない我々は710m二股で引き返しました。

DSCN8722 DSCN8730
下降して行く3段の滝で、3段目をスライダーして遊ぶ新人の二人

DSCN8731
かなづちのY子さん飛び込むのに躊躇・・・

好天に恵まれた我呂ノ沢、下流から中流にかけては函などもあり明るく楽しい沢だったが、日帰りで頂上を目指すには厳しそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>