2018.08.05 電気の沢(荒井川)

先週の救助訓練の際に、以前より気になっていた電気の沢に行こうという話で盛り上がり、4名で行ってきました。
登攀要素のやや強い短めの沢で、最大の核心はクライミングではなく、水の冷たさと、長いゴルジュゆえの寒さ。下降は楽チンで、寒いことを除けば非常にお手軽な沢でした。が、メンバーであってもある程度経験がないと、厳しいかもしれません。

図1
とりあえず沢沿いの踏み跡を歩き、適当なところで入渓。壊れた吊り橋があります。

図2
そして序盤に現れる核心のF1。けっこういやらしいへつりになります。先行パーティーがいましたが、おなじ道央連盟の会でした。
ドボンしたら寒そうですが、mimiが志願してリード!

図3
左岸から大高巻きできるようです。下降用のフィックスロープがありました。

図4
絶景。なんど絶叫したことか。

図5
おもわず写真撮っちゃいます。

図6
思い出すだけでうっとり。

図7
mimi、マントル返して越える。I谷部長が後ろで無言のプレッシャー(!?)

図8
最後の核心、チョックストーンの滝は左側から。ここもmimiが果敢にリードします!

図9
前日に石垣山でクラッククライミングのトレーニングしてきた、岩の人。右手のハンドジャムはバチ効き!

図10
チョックストーンを越えてもまだ色々ある、寒いので泳ぎたくない。。

図11
記念撮影もたくさんしたような。

図12
Co870二股を左に入り(と岩さんの本にあるけど、右岸の枝沢と表現した方がしっくりくるかも)、少し登ると顕著な刈り分け道にぶつかります。あとは道沿いに進むだけ。最初は水平移動、最期に急な坂道。

図13
おまけ写真1、光合成

図14
おまけ写真2、リード

あー、楽しかった。でも、一人で苫小牧から往復500キロくらい運転して、大変でした。本当の核心は沢より寒さより、運転。。

【コースタイム】
9:00 出発
9:55 F1上部
11:10 チョックストーンの滝着
12:20 ゴルジュ終了、大休止
13:15 出発
13:30 Co870
13:35 刈り分け道
14:10 下山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>