2018.07.26~27 新信砂川~暑寒別岳~箸別コース

暑寒別岳の遡行対象になる沢は、ポンショカンベツ川、暑寒別川、新信砂川、恵岱別川等があるが、未だ新信砂川だけは遡行してなかった。今回新信砂川を若者二人と遡行することが出来た。札幌を朝に発ち箸別小屋に車を1台デポ、道道94号線から新信砂に向かい林道に入る。林道のゲートは壊れて開いていて途中まで行くことが出来、駐車できるように草木が刈られている。

DSCN0260
15分ほど歩くと林道は無くなり入渓する。水は澄んでいて綺麗だ。

DSCN0261
沢の途中では大きな鉄骨が何本かあったが、大きな砂防ダムが現れてきた。昭和55年に出来たらしい。

DSCN0264
川は単調な河原が続き、天気が良く暑いのが応えます。

DSCN0267
やっと沢の様相になってきてほっとします。

DSCN0270
小さなゴルジュ模様の所はAさんが左側をへつり、飛び込んで滝口に。そこから上がりました。

DSCN0274
我々も泳いで滝口へ行き、お助けを出して貰い上がりました。
はい、世代交代です。沢は結構滑るので小生は何度か転び、Iちゃんも転んで少し
膝を打ったのでゆっくらゆっくら570m二股へ。

DSCN0279
テン場に良さそうなところは少ない沢です。570m二股でもここしか無かったようです。イタドリが生い茂ってましたので増水でも大丈夫です。沢は焚火と酒と星空&自然の恵みです、快適でした。
朝のデカ&チビ(ゴメンなさい)のコンビです。

DSCN0281
巨岩帯が出てきました。Iちゃんにはちょっと辛いかも。

DSCN0282
苔むしていい感じです。

DSCN0283
暑寒別岳が見えてきました。

DSCN0287
Aさんは何でもトライです。

DSCN0288
ここはどうしようか、泳いで取り付こうか、悩みましたが巻きました。後で上から見たら登れそうでした。

DSCN0289
Aさんは中を、我々は上の段を。

DSCN0291
ちょっとだけ滑っポイところが。

DSCN0292
雪渓が出てきました。

DSCN0293
巻けそうもなかったので、急いで潜り抜けました。

DSCN0294
この滝は右側を。

DSCN0297
10mぐらいの滝が出てきました。左側から巻きました。

DSCN0298
小滝が続きますが皆登れます。
DSCN0299

DSCN0300
沢が開けてきました。

DSCN0308
上部二股は右を行き、すぐ左の涸沢から登りやすい石のある方に出てカール状になったお花畑を行きます。

DSCN0310
南暑寒別岳も見えてきました。

DSCN0312
歩きやすい方歩きやすい方に上っていくと、南暑寒別岳への縦走路に出ました。頂上に向かいます。

DSCN0314
頂上ではトンボの群舞に迎えられましたが、箸別コースの下山は蚊に刺されまくりました。新信砂川は長い沢でした。

26日 9:40林道途中駐車~9:55林道終点から入渓~10:30砂防ダム~15:50 570m二股
27日 5:20テン場発~10:05 1150m二股~12:00頂上12:30~16:05箸別小屋

2018.07.26~27 新信砂川~暑寒別岳~箸別コース” への2件のコメント

  1. 毎度負傷して、負傷してご迷惑をおかけしてます。怪我をしてはいけない重要性を学びました!

    • ヒマラヤのメンバーが八ヶ岳でアキレス腱を切りました、自分も気をつけなければと。カウンナイ、気をつけて楽しんでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>