2018.07.17~19 銀泉台~白雲岳~忠別岳~北海岳~黒岳

大雪のお花を見に、その中でも今回は長之助草をメインに尾根歩きをしてきました。
ずーっと雨が続いていましたが我々の出発日には天候が良くなり、山行期間中は好天が続き夏尾根を満喫してきました。

DSCN0134
層雲峡にC0、朝6時のバスに乗り銀泉台に。

DSCN0137
雪渓を幾つか超えると

DSCN0139
駒草平に着き

DSCN0142
駒草が迎えてくれました。駒草はこれからも至る所で咲き誇っていました。

DSCN0145
赤岳への登りにかかり

DSCN0148
赤岳山頂へ。

DSCN0146
赤岳の三角点は頂上から離れたところにあります。

DSCN0151
ありました長之助草が、小泉岳への途中です。

DSCN0154
小泉岳の分岐から白雲小屋の方へ行かないで、緑岳方向に向かいます。

DSCN0159
緑岳への途中にも長之助草が沢山ありました。
緑岳への分岐から白雲小屋に向かいます。
我々はテント泊まりでしたが、久しぶりに知り合いの山屋さんに何人か逢うことが出来ました。

DSCN0165
翌日忠別岳に向かいます。高根ヶ原はちょっとガスが。

DSCN0163
高原沼が朝陽に輝いています。

DSCN0166DSCN0167
急ぎません、ゆっくりゆっくり、のんびりのんびりです。

DSCN0172
忠別沼のお花畑も見事でした。

DSCN0174
忠別岳の登りです。Kさんは行かないで忠別沼で詩吟を唸っていました。

DSCN0175
忠別岳の頂上です、頂上では曇っていました。

DSCN0176
DSCN0179
DSCN0183
三日目、白雲小屋を後にします。

DSCN0185
白雲岳に向かいます。

DSCN0186
あれは何処の山? 気持ちが良い。

DSCN0187
こう見ると忠別岳も遠いですね。

DSCN0191
北海岳に向かいます。

DSCN0192
北海岳の登りは緩いです。自分がここを歩くのは何十年ぶりでしょう。

DSCN0194
北海岳から黒岳に向かいます。

DSCN0196
DSCN0200
赤石川はちょっと増水してましたが渡れました。
桂月岳をついでに登りました。

DSCN0201
桂月岳からの眺望です。

DSCN0204
黒岳からの下りもお花が満開でした。下りでH子さんは、昨年に続き今年もまた以前屋久島でお世話になった人に逢いました。奇跡に近いですね。S井さんは体力がありますね。とにかく話題の絶えない楽しい三日間のお花見山行でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>