2018.0707 鉞山779m 滝の沢川~カジ山沢川

大雨の後で当初予定の沢は増水と落石が予想されたので、小粒でもピリリと辛い、そんな鉞山に変更して行ってきた。春にIちゃんとH子さんで頂上まで後1ピッチの所で引き返した山でもある。ネットでは12時間近くかかった記録、南尾根の藪を漕いで7時間半(かなりの健脚者)が出てきた。

DSCN0063
早朝の札幌発なので、第1マッカ沢川を出発したのは7時近くになってしまった。車はこの橋の先に置くことができた。

DSCN0064
珊内川に出ると、んん~いつもより水量が多い。

DSCN0065
歩き始めるとすぐ滝の沢川の出合いに着き進んでいくが、夜は雨予報なので早く下りたい。

DSCN0067
すぐまたF1に着くが水量が多くて登れそうも無い、左側から巻いていく。

DSCN0071
天気が良ければまぁまぁの沢かもしれない。

DSCN0072
左側から登れそうだが、かなりの水を浴びそうなのでここも巻く。

DSCN0073
この小さな滝は

DSCN0075
登り、上からお助けを出す。

DSCN0077
左川を行くが、なかなか面白い沢では?。

DSCN0078
進んでも奥の滝が登るのに手こずるかも?しれないので巻く。

DSCN0079
水量が多いので登れるか?登れないか?も分からない。

DSCN0082
350m二股は左に入っていく。

DSCN0085
ここも右側から巻いて行くと

DSCN0086
滑っぽくなってきたが、

DSCN0088
滝が出てきて左側を登る。

DSCN0089
小さな沢渓を選び、コルを目指すが

DSCN0091
藪が混んできたので支尾根上に上がりコルを目指し、

DSCN0094
コルから更に藪を漕いで頂上へ。先頭は剪定はさみで蔓を切りながら。
頂上写真+撮影者の5人パーティ。

DSCN0098
帰りは頂稜を辿るが、頂稜の両側は切れ落ちているが木でよく分からない。

DSCN0101
頂稜から南尾根を下りすぎないように、カジ山沢川に磁石を切り枝沢を下りていくと275m地点に出た。カジ山沢川は草が倒れて石が見えなく歩きづらかった。

DSCN0102
珊内川に近づくと滝が出てきて下りて少し行くと

DSCN0103
珊内川に出た。最後に腰まで使って

DSCN0104
苅分道を上がると車にドンピシャ出て終了。藪漕ぎは沢山しました。
珊内ぬくもり温泉は月・木がお休み。どおりで春は営業してなかったが、これで納得。

6:45第1マッカ沢川橋~6:50珊内川~7:00滝の沢川~7:07 F1 ~9:15 350m二股~12:15頂上12:25~14:27 275m地点~15:35 滝~14:40珊内川~15:48 駐車地点

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>