2018.05.29 様似山道ハイキング

花を求めて様似山道のハイキングに行ってきました。人生の残り時間は少なくなってきたが暇はたくさんある面々、前日に襟裳岬&ハート型の豊似湖に行き宿泊は百人浜のキャンプ場のバンガローで。

DSC00270
豊似湖は小さく周回も時間はかからない。

DSC00265
豊似湖の九輪草、これを見に来たんです。標高の低い豊似湖にもナキウサギがいるそうです、撮影に来ていたカメラマンが撮ったナキウサギの写真を見せてくれました。
こんな所にもとういう感じですね。

DSC00275
翌日、様似山道の西口に車をデポ、バスで冬島から幌満に向かいスタート。

DSC00277

DSC00279
幌満橋の下をくぐると登山ポストが有ります。

DSC00280
沢筋を登って行き

DSC00282
尾根に上がっていきます。

DSC00283
新緑と木漏れ日の中、鳥のさえずりを聞きながら林を行きます、気持ちが良いです。

DSC00287
最初の小さな沢を渡ります。

DSC00288

DSC00289
二つ目の沢で小休止、ゆっくらゆっくらです。

DSC00291
沢を下りれないので小さく巻いたんですね。

DSC00292
案内標識&テープがしっかりあり、迷うことはありません。

DSC00294
展望台からの眺めです。見えている道路は旧道ですね。

DSC00295
昔使われた電柱や碍子が多く残っていました。

DSC00296

DSC00297
ここは樹木の種類も多いです。

DSC00299
山道の中間地点です。

DSC00300
もっと鬱蒼としている山道を想像したのですが、歩きやすいです。

DSC00301
ここにも九輪草がありました。

DSC00303
何の跡だろう?、熊だろうか、いやこんな所で違うだろうと。すぐ近くに熊の糞があったので解決しました。

DSC00305
階段を下ると

DSC00306

DSC00307
舗装された道を行き

DSC00310

DSC00311
コトニ小休所跡が

DSC00313
舗装道路を外れ行くとアポイ岳が見えました。急ぐことは無いのでここでも休憩。

DSC00315
下っていくと西口ですが、

DSC00316
ワラビのお土産が待っていました。

DSC00318
車をデポした様似山道の西口に着きました、のんびりと花を楽しみ、おしゃべりを楽しんだ四時間ぐらいのハイキングでした。バスを待ちながらの地元の人との会話も楽しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>