2018.04.29 当丸峠~ポンネアンチシ山1145m

ポンネアンチシは大川林道からのルートが一般的だが、この時期は下部は藪だろうと思い当丸峠からつぼ足で行ってみることにした。

DSC00178
遠くて長いので早朝5時にトンネル脇から出発する。

DSC00179
風も無く天気が良い、ず~っと持ってくれれば良いが。両古美山は目の前にある。

DSC00183
両古美山頂上まではハイキングみたいですぐに着く。右側から積丹岳、余別岳、その稜線に目立たない様にポンネアンチシが連なっている。

DSC00212
稜線を下り無沢1(832.6m)へ、向こうに見える稜線に向かって進む。

DSC00184
視界が悪いと尾根は分かりづらいかもしれない。夏道が少し見えている

DSC00186
今年の山行で最初に見た花。

DSC00189
無沢1、832.6m。三角点と倒れた標識が。夏道はここまである。

DSC00191
余別岳はやはり目立つ、それに比べてポンネは続く稜線のポコ。まだまだ遠い。

DSC00192
スノーシューも持ってきたが埋まりそうもないのでデポし、尾根を忠実に。

DSC00194
ルートの尾根はポンネの支尾根のようだ。山腹に消えている。

DSC00195
屏風山やガニマナコも見えてきた。

DSC00196
尾根は危ないところはない。真ん中のピークがポンネ。余別岳が陰に隠れてポンネが主役になってきた。

DSC00197

DSC00198
単独で距離も長いので、行けるところまでと思ってきたが行けそうだ。急斜面を登り雪庇の出た左の稜線に上がる。ピッケルを持ってくれば良かったと後悔を。

DSC00199
稜線から尾根を忠実に行こうとしたがハイマツに阻まれ、稜線の左側を巻き少しハイマツを漕いで頂上へ向かう、ポンネの象徴の岩が見える、もう少し。

DSC00200
ポンネアンチシ頂上。このまま余別にも行きたいが時間が無い。

DSC00201
右から珊内岳、ガニマナコ、屏風山、良い眺めだ。はっきりとマナコだと分かる。

DSC00202
この写真の右側のハイマツを漕いできたが、帰りは左側に急な雪渓が続いていたので下りたが、登りもトラバースして右側からの尾根から登れば良かったと、ルート取りを反省。

DSC00205
急斜面を下りて登ってきた尾根にトラバース。

DSC00206
トラバースしてきてポンネを見上げる。

DSC00209
左の泥ノ木山と両古美山。無かった風も出てきたが天気が持ち応えてくれた。自分一人の貸し切りの山は気分が最高、でも長かったなぁ。

5:00車両回転場~5:53両古美山~7:07無沢1(832.6m)~10:38ポンネアンチシ頂上~13:48無沢1~両古美山~15:50車両回転場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>