2018.04.20 積丹岳1255.4m~余別岳1297.7m

札幌を6時発と不規則勤務者の時間に合わせての遅い出発になったが、余別岳まで行くつもりなので下山は遅くなるのは覚悟の上だ。

DSC00113
除雪終了点からはスキーで出発。

DSC00114
出だしから若い二人は飛ばすこと飛ばすこと、思い切り汗をかいてしまいました。

DSC00115
風も無く楽しい春山です。遠くに積丹岳の頂上が見えてくる。

DSC00118
早々と登頂した先行者が2名が下りると貸し切りになる。

DSC00120
尾根に上がるとポンネアンチシが見えてきました。

DSC00119
とにかくペースが速い。

DSC00121
積丹岳頂上。

DSC00122
これから向かう余別岳を望む。

DSC00124
第1の岩峰は右から巻いて第2のポコに向かう。積丹岳の手前から自分は足が攣り始め、岩峰を巻いている時に本当に攣ってしまった。

DSC00126
積丹岳方向を振り返る。

DSC00128
一度攣ってしまった足は、薬を飲んでも治るものでもない。
コルから余別岳の登りにかかる。

DSC00129
立ち止まり立ち止まり行くので差が開くばかり、上では待っていてくれるが・・。

DSC00130
追いついても離されます。

DSC00132
余別岳北尾根、その内にトレースをしたいが。

DSC00131
余別岳頂上に到着。

DSC00133
ポンネアンチシは更に奥に。

DSC00134
頂上での若者と昔のちょっと若いメンバー。

DSC00137
余別岳を後にして往路を戻ります。
積丹岳~余別岳間はアイゼンを持ってきたのですが、暖かったのでつぼ足でも大丈夫でした。

DSC00138
往路の第2のポコは、稜線上のハイマツを漕いだのですが、帰路は右側を巻いて稜線に上がりました。向こうの第1の岩峰は写真の左を巻きました。

DSC00139
第1の岩峰を過ぎ、積丹岳への最後の登りです。

DSC00140
二度目の積丹岳の頂上です。二人はもう滑り降りる支度を始めています。

DSC00143
春山らしい天候に恵まれ計画書の時間通りの山行でしたが、自分は滑りも大変でした、しんどい山行でしたが楽しかったです。

8:07除雪終点~8:47休憩所~11:43積丹岳頂上11:55~13:40余別岳~15:10積丹岳15:20~16:10休憩所~16:25除雪終了点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>