2018.01.06~07夕張・屏風山1260.8m

一つの山に集団で登る山行に何時までも慣れなく、ちょっと厳しい山行をしたいメンバーが、またマイナーな山に行って来ました。

DSC00299
札幌を早朝に発ち高速道路で占冠、国道237で静岡地区へ。
ペペシェル林道は車を置けないので、三角山線林道からスタート。

DSC00300
林道を少し行き、屈曲点からペペシェル林道に移ります。

DSC00301
ペペシェル林道は除雪されたような後が途中までありました。林道は4㎞ぐらい?短いです。

DSC00303
林道分岐点に着きました。スノーモービルのトレースがここにはありました。

DSC00304
林道分岐から尾根を登るルートを多数決で決め取りました。

DSC00306
尾根が緩くなると又スノーモービルのトレースが、この先ずーっと続きます。良い悪いは別にしてラッセルが少なくてすみます。

DSC00307
稜線に着き三角山を目指します。

DSC00308
何もないなだらかな三角山850.8mのピークです。

DSC00309
屏風山へ稜線を行きます。行けるところまで行っても荷物が重いだけなので適当な所810mポコで泊まることにしました。まぁまぁの天気でした。

DSC00313
まだ夜明けが遅いです、ヘッドランプを点けながらの出発です。アップダウンを繰り返しながら行きます。

DSC00314
スノーモービルのトレースが屏風山まであるのではと思ったのですが、ラッセルに変わりました。

DSC00316
昨日よりも天気が良くなるはずでは?、天気が崩れ始めてきました。だんだん樹木が少なくなってきます。

DSC00317
広い、何もない1129mポコです。

DSC00319
コルに下っていきます。

DSC00321
コルから屏風山への登り始めです。

DSC00323
頂上稜線が近づいてきました。

DSC00324
DSC00325
右側が雪庇ですが落ちても大丈夫でしょう、しかし左側は落ち込んでいますので落ちられません。

DSC00327
細い稜線を行きます。

DSC00328
ここが頂上です。

DSC00331
まだまだ細い稜線、落ち込んだ斜面がが続きます。やはり屏風山ですね、名前の通りです。なかなかこんな山は無いですね。

DSC00333
帰りも慎重に下ります。

DSC00336
左側が地図上の湿原ですね。

DSC00340
また林道に戻って来ました。稜線からの下り尾根にテープを付け忘れる失敗も。
スノーモービルのメッカなんでしょうね、何台ものモービルに会いました。

DSC00341
暗くなる前に車に戻れました。晴れ女のMさんがいたお陰で、こんな天気ですみました。長い距離とか読図で何かトムラウシ山より疲れたような山行でした。この山もネットでは3月の記録しかありませんでした。山は厳しい時季に行ってこそ価値があると自分は思っています。

6日:車留場8:15~10:25尾根取り付き~12:30稜線~13:00三角山m~
14:20 810mポコ
7日:テン場6:20~8:40 1129mポコ~9:35 頂上~14:00尾根取り付き~
15:50車留場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>