2017.10.21 奥沢水源地~穴滝~遠藤山~塩谷丸山

今年度の紅葉はもう終盤!近郊の、ちょっと人の少ないコースに行ってきました。それなりの距離を歩くけど、人は少ないしパワースポットだし、最高でした!
普段はあまり歩かない(歩けない?)けど、今回はちょっと頑張っちゃいましたよという話です。

図1

塩谷に車を置き、まずは電車で小樽まで。そして、バスで奥沢水源地を目指します。公共の交通機関使って気軽に縦走できちゃうんですよ!

図2

登山開始。まずは車道からスタート。

図3

今年の紅葉は本当にきれいですね!標高が低いところがいま一番盛りなのかも。

図4

最初の目的地は穴滝!

図5

気持ちのいい林道歩き!秋なのに気温高めでした。なお、新しい熊の足跡があったとハンター(?)の方に注意されました。おしゃべり山行なので、多分熊が逃げるはず・・・熊さん、逃げるは恥だけど、役に立ちよ!

図6

穴滝の直前にちょっとした沼。意外と写真映え。足下はドロドロ。靴の防水がしっかりしてて、本当に良かった!

図7

穴滝到着!すごいハングですが、岩はボロボロなので登攀はまず無理です、残念。冬でもちゃんと結氷してくれないと登攀対象にはならないんだろうなぁ。岩質は凝灰岩かな?ケミカルアンカーでも厳しいだろうな・・・ブツブツ・・・

図8

滝の裏から。マイナスイオン浴びまくり!この滝は登りにくそうだ。

図9

濡れながら、水を汲んでいます。結構大変で、二人がかりでなんとか1リットルくらい汲みました。さて、なぜ水を汲んでいるのでしょうか??

図10

そしていきなり遠藤山。登山者は全然いません。いいコースだと思いますが、歩く距離長いから?なお、穴滝から遠藤山まではそんなに整備はされていませんが、藪漕ぎというほどではありません。途中の林道が地形図になく、ちょっと紛らわしかったです。
なお、上の方の紅葉はもう終わってて、枯れ葉山行でした。

図11

遠藤山と塩谷丸山のコルから、塩谷丸山を見ています。登山道ですが、遠藤山から先は手入れがとても行き届いています。今シーズン整備された感じがしました。ありがたいことです。数年前に来たメンバー曰く、昔は藪漕ぎ大変だったそうです。

図12

そして塩谷丸山頂上!安定の絶景。多分、4年連続来てる。秋は初めてだけど、小春日和だったら最高!です。今度は冬にスキーで来たい!
時間がちょっと遅かったからか、人は少なめ。

図13

穴滝で汲んだ名水(?)を使って、コーヒーを淹れました。山頂でのんびりして、優雅な時間を過ごした我ら。天気もメンバーも良かった!わたし、久しぶりの丸一日快晴の山行でした!

図14

今回のお土産。意外とあちこちに宝石が落ちてました!

【コースタイム】
7:14 塩谷駅発JR乗車
7:50 小樽駅発バス乗車(16番 奥沢線、終着の天神町) 
8:10 登山開始
10:05 穴滝着
11:35 遠藤山山頂
13:20 塩谷丸山山頂
15:30 下山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>