2017.8.4 白水沢から無意根山へ、レリーフを求めて

中央の沢男といえば!toshiさん・E吉さん!
そのお二人と、教育部長Y子姉さんと、4人で
故人のレリーフを求め、行ってまいりました

1
今回は沢遡行の楽しさは置いといて…頂上へ行くことを最優先して
入渓して直ぐに旧作業道をに入り、C625付近で沢に戻りました。
1時間くらいは時短できたはず

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
朝日が降り注ぐ沢の中を行くのはなんとも気持ち良い!
水量も少なめ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
30分ほどでゴルジュに到着
ここで足が攣ったとか攣らないとか…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
芯剥き出しの残置ロープを頼りに上部まで

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
核心部後に、しばし休憩。
だんだんと、日は短りし、空高し

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
本当は林道入渓からずっと沢で行きたかったE吉さん
体力・気力、有り余っているようです

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
コルゲート管から、その先へ…ワクワク
実は、わたくしだけ初です

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
直登できる簡単な滝ばかり

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ちょこちょこと簡単な小滝の連続で飽きません

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
源頭からほどなくお花畑。
水もチョロチョロ流れていて、そこで行動水調達。
天国みたいな場所で、いつまでも居たかった。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お花畑とアラフィフ2人

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お花畑といぶし銀2人

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
チングルマとE吉さん

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
心を鬼にして藪こぎに突入
背丈以上の笹とハイマツ。先頭交替しながら行きました。
暑くて無駄に水に浸かったワタシはゼェゼェ。
体力温存していたお三方は強者でした。反省…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
刈り分け道を見つけては見失い…の連続
2001年に有志の方々が登山道を作ってくれたそうですが
3年で元に戻ったとか。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
頂上近くではハイマツの背丈も低くなり歩きやすくなりました
あと少し!

 

18
ひっそりと、優しい風が吹く中に故人のレリーフがありました。
これ以上、同じ悲しみを繰り返さないためにも
今を生きている私たちは、過去の事故から学ばなければならないと思いました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
頂上で食べたサクランボとグレープフルーツが美味!
その後、ひたすら尾根から下ります。気が付けばあっという間の下山。
貴重な山行、ありがとうございました~♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>