2017.07.06 松倉川左股~アヤメ湿原~ミズノ沢林道下降

大千軒岳の沢と並んでこの松倉川の沢も、山やとして行かねばならない沢だろうと思い行ってきた。車が1台なので左股を行き右股を下降するつもりだったが、ミズノ沢林道が使えるとのアドバイスがあり、林道を下降することにした。

DSC02351
ミズノ沢林道からスタート。

DSC02354
すぐ入渓となり雑魚止まりの滝が出てくる。

DSC02356
雑魚止まりの滝。

DSC02357
癒しの沢ですね。

DSC02358

DSC02359

DSC02360
歩いていると「平和だなぁ~」と、言葉が出る。

DSC02361
小さなゴルジュが出てきて、泳いで取り付けそうだが巻くことにする。

DSC02362
3人は左側を巻き草付きを下りるが、自分は右を小さく巻くが右が正解だろう。

DSC02363
二股手前で御神木をしばらく探すが分からず、多分この樹だろう。
苔むした樹に新しい木が出てきていた。

DSC02366
二股で左に入ると沢が荒れてくる。

DSC02367
3段の滝が出てきて、最後の滝がつるつるの岩盤で難しそう。

DSC_0486
登っている人もいるのでトライしてみるが、

DSC_0490
この通りの結果に、下の出ている岩に当たらなくて良かった。
左側からも攻めてみるが、つるつるで一歩が出ず飛び降りる。
6年前の写真を見ると、もっとでこでこの足掛かりがあったようだが、技術不足。

DSC02370
沢が滑り始めてきた。

DSC02372
黒滝と言われる滝、これも右端から攻めてみるがヌルヌルであきらめる。

DSC02373
左に見えるしょぼい水流の所を登って巻き、沢に下りる、簡単だ。

DSC02374
滑が出てくると、

DSC02375
アヤメ湿原に出る。

DSC02378
野イチゴがたくさんあった。
下降に使ったミズノ沢林道はすぐに竹と灌木が負い被さり藪漕ぎ状態がず~っと続く。崩壊ヶ所もあり、数度林道が不明になりGPSのお世話になった。下りに使うのはお勧めしない。

5:35林道入り口~5:45雑魚止まりの滝~7:50 450m二股~9:35アヤメ湿原10:00~12:15入渓地点~12:20.林道入り口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>