2017.5.21 於曽牛山 北西面沢

マイナー峰でマイナー沢。
だけど面白さが凝縮された日高の沢でした!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
車止めから歩いて10分ほどで入渓

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
30分ほどでこんな滝が出現

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ヌメリも無くフリクション良いです

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
核心部の滝。15~20mくらいかな

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
岩が脆く、ハーケンの効きもよろしくないそう。
上部のでっぱりまで行きましたが、次の一手に導くスタンスが無い!

・・・というわけで、懸垂とクライムダウンで戻ってきてもらい
滝向かって右の高巻きへ。こちらも危険なトラバースで
ザイル出してもらいました

 

6
高度だとフリーでいくのは勇気が要ります。
絶対に行けるという確たる自身がないと怖い
このあとも面白くてワクワクする滝が連続します

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんな流木もスタンスに
でもたまに動く時があるから要注意

 

9
1000m以下の山だけど急登が続き息が上がります(´Д` )
ネギ・ウドありましたが、今日はスルー!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
尾根に乗っかり藪こぎしていきます。
無風で暑い!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
三角点~♪

 

12
頂上の看板はなく、ポールだけ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
幌尻岳も見えて、展望良いです

 

15
下降も沢の予定でしたが、滝が続き時間もかかりそう。
早く下山してゆっくり温泉に浸かりたかったので
当初は↓↓↓このルートの予定でしたが…
於曽牛山
↓の尾根から下山しました

4.

7:50 車止め出発
8:00   入渓
9:00    核心部の滝(Co450m)
13:00 稜線
13:10 頂上
14:50 車止め

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>