2017.05.05 上ホロ~境山1837.3m

正月山行の原始ヶ原~境山に参加できなかったが、やっと今回、境山の頂上を踏むことができました。

DSC02136
下界で車中泊をし、駐車場に着いたが車は一台も無かった。朝から天気が良く風も弱く、春山を満喫できそう。

DSC02137
ツボ足で夏道の上がり口を目指して行く。

DSC02138
D尾根に上がると富良野岳が美しい。化物岩をトラバースし、夏道沿いに進む。

DSC02139
八ッ手、上ホロ、の向こうに十勝岳が。

DSC02140
稜線はトレースが多い。

DSC02142
上富良野岳の登りはトレースがあったので、スノーシューでも問題は無かった。

DSC02143
上富良野岳の頂上看板。

DSC02145
境山、下ホロが見えてくる。

DSC02147
上ホロの頂上は帰りに踏むことにし、トラバースして境山への尾根に。
振り返ると左が上富良野岳、そして中央が上ホロ。

DSC02149
1850mピークを目指して。尾根は広~く、この先も問題となる所は無い。

DSC02152
十勝岳はどこから見ても美しい。

DSC02153
もうすぐ1850mピーク。

DSC02154
上がると境山が目の前に見えてきた。

DSC02156
境山の上部はスノーシューを脱いだ方が早い。ナキウサギが居そうだなぁ。

DSC02158
上がると先に境山の頂上が、訪れる人は少ない。

DSC02159
三角点を作るために石垣を作ったんでしょうね。

DSC02162
この先に行こうかとも思ったのだが、目的は境山だったので止めときました。

DSC02163
境山の頂上は大展望台です。360度山々です。原始ヶ原方向。
右が前富良野岳、原始ヶ原の向こうに大麓山&トウヤスベ。それにしても天気が良い。

DSC02164
三峰山、富良野岳、前富良野岳。

DSC02179
帰りは上ホロ頂上を踏みました。自分の中では、一番頂上を踏んでいる山です。

DSC02181
富良野岳には7人パーティが見えました。まだまだ富良野岳も登り易いですね。境山の下山の時、自分の他に単独の方と会いましたが、上ホロも登山者がいなく静かな山行を楽しめました。

DSC02182D尾根の下りは同じ所を下りました。
アイゼン&ピッケルは持参しましたが、今回の山行はツボ足と&スノーシューで問題は無かったです。上ホロ~境山間は思ったより、近くて速かったです。今度は厳冬期に原始ヶ原まで抜けてみたいですね。

十勝岳温泉駐車場5:30~上富良野岳8:00~9:35境山9:50~上ホロ11:30~駐車場13:10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>