2017.4.5恵庭岳ポロピナイ沢右岸尾根

恵庭岳好きのmiyoさんを誘って、滅多に人の来ないマイナールート、ポロピナイ沢右岸尾根に行ってきました。

eniwagainen
今回のルートです。下山は夏道に採りましたが、後々大変なことに・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
登山口に車を止めて出発

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
始めはツボで取り付きましたが、予想以上に雪が腐っていてぬかるので、車に戻ってワカンを装着しました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
下はこのとおり藪だらけです・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この日は日差しが強く、日焼け止め欠かせません

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
やがて切れ落ちた箇所が現れますが、雪が落ちていたので無理せず左の沢に降りて巻きました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
巻いている最中

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Co645あたりで、尾根が切れ落ち前方が岩壁となります。このルートのハイライト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
懸垂が必要かと思いましたが、少し戻って左の沢に懸垂なしで降りられました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そのまま沢型を詰めます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
側壁は非常にもろい部分があり、落石注意

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ゴルジュっぽいところを乗越すと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
穏やかになりホッと一息。ただヒグマの足跡が至る所に。。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
右手にポロピナイ沢が見えてきました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
噴気孔が見えます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
極細のリッジが出てきて、脆いので再び左の沢に降りて巻きます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
尾根に戻るべく急登をこなす

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ようやく恵庭の本峰が見えました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
去年偵察に行った西峰リッジとその側壁

17807570_1190832504373006_2941252639814374028_o
登頂!
なお、下山の夏道は雪が腐りまくり、踏み抜いてへとへとになりました。特に下の方は台風の影響か倒木が非常に多く、木の隙間が雪で隠され何度も踏み抜き、精神的にやられました~。結局持参のロープや登攀具は使いませんでしたが、慣れない人がいるときはロープ持って行った方が安心でしょう。

<コースタイム>
6:00丸駒橋P発ー12:30山頂ー15:30P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>