2017.03.25 富士形山637.8m~徳富岳928.5m

石狩当別から青山ダムを経由し国道451線から徳富ダムへと向かう。
今回は1月に奥徳富岳を登っているので、今回は徳富岳を富士形山から登った。
DSC02066
徳富ダムへの道路から富士形山へ向かう道路は未除雪だが、入り口は何台も車が置けるくらい除雪されている。

DSC02067
手軽に登れる山なので、スノーシューのトレースが付いていた。637mと低いのでどこからでも登れそうであり時間はかからなさそうだ。

DSC02068
橋を渡りそのまま尾根に取り付く。スノーシューは尾根を左に進んでいたが、我々は真っ直ぐ登ることにした。

DSC02070
沢を右に見ながら進んでいく。

DSC02072
白樺の林を進んで行く。

DSC02075
ラッセルを覚悟していたが、こちらは降らなかったようだ。

DSC02076
頂上は広いです。

DSC02078
樺戸山塊が。

DSC02079
頂上まで1時間半、やはり時間はかからない。

DSC02080
徳富岳に向かって頂上を後にします。

DSC02082
地形図を見ると天気が悪いならば尾根通しは非常に読図が難しく思え、449mポコを目指してワッカウエンベツ川に下り枝尾根を登り始める。天気が良いので眼でルートを探せるのが良い。

DSC02084
富士形山が低く見える。

DSC02085
稜線に上がるのに雪庇の切れ間を探しながら。

DSC02086
雪庇を少しは気にしながら。

DSC02087

DSC02090
Kさんと新人のHuさんが早くて、年寄は付いて行けません。

DSC02092
幾つかポコを越えて行くと

DSC02094
頂上手前です。

DSC02096
広ーい頂上です。

DSC02098
あれー、mmがポーズを取っていない、珍しい。

DSC02099
1月に行った奥徳富岳方向です。

DSC02103
下山途中からの、左が富士形山、尾根通しに来ると複雑ですね。

DSC02104
下山は往路を戻りましたが、雪が悪く帰りの方が時間がかかりました。
2度目の富士形山です。今日は我々だけでした。

7:34徳富ダムへの道路発~9:10富士形山9:30~12:05徳富岳12:25~14:35富士形山~16:20車留め場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>