2017.3.25 上ホロカメットク 八ツ手岩 右・左ルート

先週の化物岩から引き続き同じメンバーで
Lにマリオさん SLにU海さん 私の3人で行ってきました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
八ツ手岩のシルエットが右手に見えてきた

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
先週の化物よりもアプローチ長くてツライ
更に強風というオマケつき

 

3
右ルートの1ピッチ目
画像はちょうど核心部で小ハングの所。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
雪に埋もれていた懸垂の残置。
ここから左ルートへ懸垂下降

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
既に先行パーティーが入っています
実はこのルート、2年前に登攀企画で
babaくんリーダーでU海さんと3人で来たこと有り。
徐々に記憶が蘇る

 

4
ハングした狭い所で先行Pとコンニチハ(笑)
先行Pは右へ。我々は左へ。どちらも難しそう!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この下はほぼ垂直な壁でホールドもスタンスも微妙。
ゼロピンを取ってリードするマリオさん。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
二番手にU海さん。
出だしに勇気がいて、忠実に刃先を引っ掛けて行きます
いや~ここが一番恐怖だった

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
右ルートと合流して稜線上へ。

 

9
時折青空と太陽が見えてきた。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今回はU海さんもテムレスの仲間入り
ちょっとサイズが大きかったよう

 

11
休憩してから長い雪壁をトラバース。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
真ん中の岩でピッチを切り稜上へ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
正面壁が見えたり見えなくなったり、
ガスの流れが早い

 

13
懸垂で安定したルンゼの中へ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
フカフカの雪上で無重力空間の中を歩くかのように降りる。
これはもう、快感で思わず歓喜の声が出るほど。
雪崩の判断力は必須

 

17
どれぐらいの弱層でこれだけ安定しているのか知りたい!
チャッチャと行ってしまうお二人を横目に
簡単な弱層テストをやってみる。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
しかし…ここはドロップインしたら絶対に面白いこと
間違いない

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ここで抜き打ちテストを投げかけられる。
先週、降りてきた尾根はどれでしょう~?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
上だけ隠れた十勝連峰と夕日に癒されながら
翌日の総会に向けて英気を養うことが出来ました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>