2017.03.18 丹鳴岳1039.6m&フレ岳1046m

ベトナムから帰ってきたばかりなので泊山行をする気にもならず、ベトナムメンバー3人で日帰り山行を。

DSC02029
林道入り口にちょうどパーキングがあり、車が置けるのが良い。

DSC02032
林道を黄金林道の方へ進む。

DSC02034
地図上の林道の終点近くになってきてテープがあったので、尾根に取り付く。

DSC02035
764mの尾根に向かって緩やかな気持ちの良い斜面が続く。

DSC02037
稜線上を行くと丹鳴岳が。天気が良く気持ちが良い。
スノーシューの跡が多くあったので結構登られているようだ。

DSC02039
左側にはフレ岳が。

DSC02042
樺の林を行く。

DSC02044
すると頂上が。

DSC02045
美しい景色だ。

DSC02046
白老3山だろうか。

DSC02049
頂上標識があり、向こうにフレ岳が。

DSC02052
漁岳が遠くに。

DSC02054
ちょっと急斜面を下りフレ岳に進む。

DSC02055
丹鳴岳の下降。

DSC02056
雪崩れる心配がなかったので雪面を登り、

DSC02058
行くと頂上が。頂上に単独行の方がいたが、漁岳からスノーシューで来てオコタンペ湖に下りると。

DSC02059
写真を撮ってもらい別れたが、会への入会を勧めたが、入ってくれるだろうか?。

DSC02062
漁岳が近くに見える。空沼岳から縦走してきたら楽しいだろうなぁと、今度は漁岳から来よう。

DSC02063
フレ岳からの丹鳴岳。
この後、mmはこのまま山中泊の山行へ、元気だなぁ。

6:45パーキング発~10:05丹鳴岳頂上~11:05フレ岳~13:40パーキング

2017.03.18 丹鳴岳1039.6m&フレ岳1046m” への2件のコメント

  1. フレ岳頂上でお会いしたものです。
    楽しいひと時をありがとうございました。
    写真はちゃんと撮れていたのでしょうか^^

    登山って人それぞれのスタイルがあり10人いれば10通りあるのではないかと最近思うようになりました。
    自分と同じ遠足登山をする人はあまり見たことがありません^^
    安全も含めて団体行動には自分の山にはない楽しさや一人ではできない魅力があると思います。
    昨年から始めた山スキーやこれから始めたい沢などはどこから手をつけたらいいのやら?というのが正直なところです。
    単独にどこまでもこだわるつもりはありませんがもう少し一人で登りたいと思います。
    会へのお誘いありがとうございます^^

    • はい、写真はちゃんと撮れていました、ありがとうございました。そのうち、また山でお会いできるかもしれませんね。
      お互い気を付けて山に行きましょう、またよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>