2017.03.07~14 ベトナム・ファンシーパン3143m その2

DSC01949
10日:朝はホーではなくラーメンだった。

DSC01952
ガスも晴れ、第2キャンプを出発する。

DSC01955
やはり階段が多い。

DSC01958
登ってきた尾根が見える。

DSC01961
稜線のコルに上がると、ファンシーパンとロープウェーが見えてくる。

DSC01964
こんな所もありますが、端の方が難なく登れます。

DSC01968
ルンゼを上がって行くとロープウェー駅に着きます。

DSC01969
向こうのコルから下りてきました。

DSC01974
ロープウェー駅からは観光客と一緒に。第2キャンプからロープウェー駅までは1時間半でした。

DSC01982
ここが本当の頂上ですが、中に入れません。監視員もいます。

DSC01984
一大観光地です。

DSC01987
我々のロープウェー代金は215ドルに入っているのですが、ガイドは歩きなので出して上げることにしました。ベトナム人も外国人も60万ドン、3000円です。片道でも往復でも多分60万ドンだと思います。

DSC01988
スキーのリフトみたいに、ゴンドラが巡回しています。
DSC01991
世界最長だそうです、15分間の乗車です。棚田も見えます。

DSC01998
ホテルに戻ったらシャワーを浴びて昼食です。ビールは100円でしたが、食事も代金の内に。

DSC02000
時間があるのでサパの街に散策に。民族衣装を着た子供がお土産を売っていたので、つい買ってしまいました。

DSC02004
有料ですがハムロンの丘に登りました。そこの民族舞踊です。

DSC02006
サパの街です、Yさんは下りてから池の周りをランニング。

DSC02008
散策を終えたらまた夕食です。

DSC02010
登頂証明書とメダルをもらいました。この後、ラオカイに送ってもらいまた寝台列車でハノイまで戻りました。
一人215ドルには、ハノイのホテルから駅までのピックアップ、往復の列車寝台料金、ラオカイ~サパの往復の送迎、ガイド一人&ポーター二人の料金、山行中の食事&寝袋、ホテルでシャワー&食事3食、登山手続き&入域料、ロープウェー料金。ただし英語ですが、我々は英語が堪能なmmがいたので助かりました。

DSC01893
他に許す限り観光をしたのですが、8日:ハノイの観光の定番、ハロン湾観光です。

DSC02016
11日:列車の一番安い座席でニンビンへ。片道47000ドン、250円で2時間ぐらい。

DSC02024
ニンビンからタクシーで80000ドン(400円)でタムコックへ、陸のハロン湾と言われ世界遺産です。ハロン湾観光の時間が無ければ、こちらの方が安く行けます。

20170312_071810
11日:ハノイからフェまでの寝台列車のトイレです。何とバイオトイレです。いやぁ、初めて列車にあるのを見ました、驚きです。

DSC02028
12日:フェの世界遺産、王宮です。

20170312_151023
ホテル前での記念写真です。ダナンにいるSさんがバイクで2時間半をかけフェまで来てくれ、一緒に観光をしました。頑張っています。

20170313_154324
帰りは飛行機でハノイに戻り、これも定番、水上人形劇を観に、劇場で直接買うと10万ドン、500円です。
ファンシーパンに行くと決まって手配をしたのが1ヶ月を切っていたのですが、もっと早くやればあと1万円くらい安く費用を抑えれたでしょ。安く行くならベトナムですね。ファンシーパンは十分日帰りで登れる山ですが、現地にお金を落として貢献、そして山でゆっくりした方が良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>