2017.03.07~14 ベトナム・ファンシーパン3143m その1

昨年の2月にサパの街の郊外から頂上までロープウェーが開通したが、それならば下りはロープウェーを使おうと、ベトナムの最高峰ファンシーパン3143mに軽いハイキング感覚で4人で出かけた。航空券はネットで、登山はサパの現地会社にお願いしたが、これが非常に安く、ハノイからファンシーパンに登り、ハノイに帰着するまでの全費用は215ドルという値段だった。登山だけなら札幌から大韓航空の安いチケットを取り、6日間10万円で行って来れます。我々は他の観光の分も含めて、全行程16~17万円で食事&お土産も含めた全費用を賄うことができました。

DSC01908
8日:ハノイ21:30発の観光列車に乗りラオカイに向かいます。ホテルからのピックアップも費用に含まれます。車掌のお嬢さんはメンコかったです。ラオカイへの列車の発着はハノイB駅だと言われていますが、我々はハノイ駅から乗り、帰りもハノイ駅に下りました。

DSC01909
寝台は4人の個室で、水、バナナ、お菓子が用意してありました。列車は自分は快適でした。

DSC01912
翌朝5:30に雨のラオカイに着きました。駅には登山のガイドが出迎えてくれて、専用車でサパの街のホテルへ。

DSC01913
ホテルに着いたらまずシャワーを浴び、それからバイキングの食事です。

DSC01918
9:30頃にホテルを出て登山口のチャムトン峠1950mに向かいます。登山手続きをして小.雨の中を出発です。

DSC01919
登山道は整備されています。

DSC01920
小川の淵を歩きますが濡れません。我々は後の観光のことを考えて運動靴です。

DSC01924
花の季節ではないのですが、が所々に咲いていました。

DSC01925
小川を横切ります。

DSC01926
途中に見かけた放し飼いの牛ですが、この牛のウンチは非常に大きかったです。写真をアップしませんでしたが初めて見る量でした。

DSC01927
登山道は階段が多いです。

DSC01930
ガイドの足が早くて、1時間半で第一キャンプに着きました。

DSC01933
昼食です。

DSC01937
ガイドが一人、ポーターが二人です。我々は持ち物が無いのでディパックです。
ポーターは近道を行きます。

DSC01939
稜線に出ると少し風とガスが。

DSC01941
にわかポーターのmmです、重さは冬装備位と。しばらくこの恰好で歩いていました。

DSC01942
何回か梯子がありました。

DSC01943
危険ではありません。

DSC01946

DSC01947

DSC01948
2時間で第2キャンプに着きました。ガスの中でしたので写真は撮りませんでした。
今日の歩いた時間は3時間半でしたが、雨に当たらずに済みました。今夜の夕食ですそれなりに美味しいです。寝袋付きですが、汚れているのでインナーがあった方が良いですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>