2017.02.18~19 山行企画部 徳瞬別岳1309m~ホロホロ山1322m~南白老岳944m~白老岳968m~北白老岳944m~美笛峠

転勤したIさんが企画した山行の、徳瞬別岳からの縦走パーティの記録です。交差縦走なので美笛峠からもSWさんパーティが入りました。良い企画でした、ピークを五つも踏むことができ、それなりに緊張感のあった山行でした。

DSC01771
荒天が予想されましたが、出発時はさほどではありませんでした。

DSC01773
ここら近はSLのSUさんがずいぶん引っ張りました。

DSC01775
林道が終わり尾根に取り付きます、ラッセルはありますが気になるほどではありません。

DSC01778
上がるにつけ更に風が強くなってきました。

DSC01781
余裕のまだ新人のMMちゃんです。

DSC01786
斜面が堅くなってきたのでスキーアイゼンを着け登ります。

DSC01790
一つ目のピーク、徳瞬別岳です。風が強いのでセルフタイマーはできませんでした。

DSC01792
視界が良くない中をホロホロ山に向かいます。

DSC01796
途中の小さなこぶを越えます。

DSC01799
ホロホロ山が見えてきました。

DSC01800
二つ目のピーク、ホロホロ山の頂上です。

DSC01802
慎重に尾根を見極めホロホロ峠に向かいます。頂上からは細い尾根が続きます。荒天でも山はそれなりに楽しいですね。

DSC01803
広い尾根に出て、ホロホロ峠に向かう尾根を行きます、下りラッセルです。

DSC01807
美笛峠からのSWさんパーティが、峠手前にテントを張っていました。皆さんが出迎えてくれました。我々パーティは、明日は白老三山を登る計画なので少しでも先へと、また快適さを求めてトンネルの中にテントを張ることにしました。

DSC01810
SUさんとAIちゃんがおやつの交換をしました。AIちゃんからのチョコレート等。

DSC01811
峠のトンネルの中にテントを張りました。翌朝、トンネルから見える南白老岳に向かいます。以前登った時には名前は無かったんですが。昨日の天気予報では、今日は昨日よりは天候は良いだろうとの予報。

DSC01813
道路を行き尾根に上がります。

DSC01815
堅い急斜面が続きます、スキーアイゼンが効きます。

DSC01820
三つ目のピーク南白老岳、やっとセルタイマーで撮ることができました。

DSC01824
雪崩れに注意して南白老岳からの急斜面を下って、白老岳に向かいます。

DSC01826
コルからまた堅い斜面が。

DSC01828
振り返ると南白老岳が、天気は回復してきているようです。

DSC01829
白老岳が顔を出しました。

DSC01831
頂上に上がってきました。

DSC01835
四つ目のピーク、白老岳です。白老岳では登山者を大勢見ました。人気の山なんですね。

DSC01840
白老岳を後に北白老岳に向かいます。視界が良くなりました。

DSC01845
コルからはあっけなく稜線に上がると、恵庭岳、紋別岳、風不死岳、樽前山が目の前にありました。

DSC01849
頂稜を行き、北白老岳に向かいます。

DSC01851
やったー、五つ目のピーク、北白老岳です。

DSC01852
白老岳、向こうに南白老岳が。山は縦走が一番ですね、新人のMMちゃんは良い山をしています。北白老岳からはスキーも楽しめ、全員が満足した良い山行でした。企画したIさんありがとうございます。さぁー他の新人さんも頑張って山に行きましょう。

1日目:8:00徳瞬別岳の車デポ地~11:40徳瞬別岳頂上~12:35ホロホロ山~15:30ホロホロ峠トンネル
2日目:6:30ホロホロ峠トンネル発~8:20南白老岳~9:55白老岳~11:15北白老岳~12:45美笛峠

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>