2017.02.09 妙敷山(おしきやま)1731m

274号線が昨年の台風のために通行止め、また274号から御影に行く道路も冬季通行止め、上美生橋が橋の架け替えのために通行止め、またあちこちの道路が通行止めで大回りをして遅くなり美生ダムへの道路に辿りついた。除雪は美生ダムまで行われていた。
当初、沢登りの単独で妙敷山へと考えていたがなかなか実現しないので、一念発起して冬尾根を単独で目指した。

DSC01693
林道入り口に駐車してスタートするが、

DSC01694
出発して10分も行くと林道が崩壊していた。

DSC01695
更にまた林道崩壊、この先も数カ所が崩壊。無雪期に車で伏見小屋に入るには何年かかるのだろう、果たして林道を治すのだろうか。

DSC01699
それでも1時間で渓谷橋に着いた。林道にはワカンの跡が伏見小屋の方に続いていた。

DSC01701
渓谷橋から林を突き切って行くと864m尾根の林道に出る。この先580mで林道が二手に分かれるが、そのまま尾根に取り付く。

DSC01702
864mを回り込むように進むと、目指す尾根と妙敷山が遠くに見えてくる。

DSC01703
作業道らしきものが、尾根に付いていたが、うまく利用すると楽ができるかもしれない。

DSC01704
尾根上に出て緩やかな尾根を行く、天気が良い風も無い。

DSC01706
尾根の左側は雪庇になっている。

DSC01709
スキーを稜線に上がる急斜面まで使うことができた。始めはツボ足だったが埋まるのでワカンを履く。

DSC01710
稜線に上がると真っ直ぐに頂上まで尾根が続く。

DSC01712
十勝幌尻、札内岳が。

DSC01713
こちらはエサオマントッタベツ、奥にカムエクまで見える。

DSC01714
ワカンでも膝まで埋まるゆっくり一歩一歩、もう少しガンガン行く体力が欲しい。

DSC01715
もうすぐタイムリミットの13時、この先が頂上でなかったら14時まで頑張り最後はヘッドランプで下りようかと、

DSC01717
思ったら頂上に出て一安心。右側の伏美岳からの稜線がピパイロへと続く。

DSC01718
伏美岳から続くトムラウシ山が低く見える、何か登る気が起きないなぁ。

DSC01720
天気に恵まれ至福の時を過ごしました。

DSC01722
妙敷山の頂上は細長い。

DSC01732
下山の時、登ってきた尾根を写しました。奥に美生ダムも見えます。長かったです。

6:30林道入り口~7:30渓谷橋~12:15稜線~13:00頂上~16:05林道入り口

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>