2017.1.17 美笛の滝アイスクライミング

アイス復活したI子さんから、
「平日休みとったので行きませんか?」と有難いお誘い。
アイス入門受けたばかりの私にとって本当に嬉しいお誘いでした!
登攀リーダーのR子さんが入って下さり、
女性3人のパーティーが実現しましたヽ(*´∀`)ノ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
気持ち良い青空
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
R276から美笛の滝に通ずる細道に入りまして
チェーン手前のスペースに駐車。
そこから、今回はスノーシューで行きました。
この看板右手のまっすぐ伸びた林道を行きたくなりますが、
左に進みます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんな木製の看板も雪で隠れて気がつかず

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
以前は一本橋があったようですが
いつだかの氾濫で流されてしまったようです|д゚)
辛うじて残っている丸太とチェーン。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なので小動物の足跡もあった倒木を渡りました。
なんだか一本橋よりも幅広で安定しているような・・・

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今年は雪少なめ?何度か渡渉を強いられました

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
やっと美笛の滝が見えてきました。
左の斜面は雪崩が怖いので、一人ずつ通過。
なんだかんだアプローチ長かった(T_T)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
アイス久々だというR子さん。
美笛の滝、初見でリードしてくれました!

 

DSCF0692
I子さんによると、ビレイ点こんなに高い位置じゃなかったと。
これから雪が積もって丁度良い高さになるのかも?

 

DSCF0698
平爪でしか登ったことがない私。
一時デュアルの縦爪をお借りしました。
平爪との違いに納得!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
I子さんもブランクを感じさせない安定した登り

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
左側のバーティカル部分は氷が薄かったので
そ~っとしておきました

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
時間の関係で2ピッチ目は断念。
1ピッチ目をTRで一本づつ登って帰りました!

 

DSCF0713
パックリ空いた口を横目に、
バックステップで慎重におります。
アプローチに片道1時間といったところでしょうか~
雪が少ないと渡渉にひと苦労。
暗くなる前に車停めまで無事到着できました。

アイスフォローアップの雷電まで待ちきれないですね~(´∀`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>