2017.1.8-9登攀企画部アイス入門in層雲峡

冬真っ盛りですね! 冬と言えばスキーが楽しいですが、氷瀑を軽快に攀じるアイスクライミングも冬ならでは。恒例のアイス入門を層雲峡で開催することができました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
1日目、2パーティ合同で銀河の滝に行きました。銀河の滝前の駐車場に車を止めて出発

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
銀河の滝に行くには石狩川を徒渉する必要あり。そこそこ水量があるので長靴必須

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
対岸に渡って少し登ると銀河の滝がお目見え~

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
入門者向けにアイスの注意点を説明した後、トップロープを張って登りに慣れてもらいます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
皆さん真剣に登ってます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
トップロープで何回か登った後は2パーティに分かれて早速マルチへ。全部で4ピッチのクライミング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この日は天気も良く、登るにつれて背後の山々がよく見えました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
銀河の滝の上、釜が凍らずに口を開けている

unspecified_R
完登記念に、ぱちり

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
左岸を懸垂で降りようとしたritaniパーティは支点が見つからず右岸へトラバース、時間を食って下に着いたら真っ暗。星がきれいでした

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
翌日、N水パーティは錦糸の滝へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まだ積雪が少なく、懸垂下降で対岸に渡る

unspecified1_R
銀河の滝と同じくらいのレベルで、いい練習になったのでは

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
時間が余ったので尾滝に行ったそうです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
尾滝を登る当会のMさん、たまたま一緒になりました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらNAKA滝、盛況です

2017_0109_08271500_R
ritaniパーティの2日目、まずは大函エリアの早乙女の滝に向かいましたが、まだ発達しておらず断念

2017_0109_09052900_R
大函エリアあなたの滝

DSCF0626_R
大函エリアは柱状節理の美しい渓谷に囲まれてのクライミング

DSCF0628_R
入門のI垣さん

DSCF0630_R
I子さん

DSCF0633_R
薄いラインも登る

DSCF0652_R
同 弧弦の滝

DSCF0668_R
中央のつららを乗越してみる

DSCF0669_R
アイスのシーズンは短いです、集中していきましょう~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>