2016.10.5手稲山南壁

「登山大系」や「山谷」に載っている手稲山南壁ですが、最近はあまり登られてないようです。。。やっぱりアプローチの悪さが大きな原因であるのは間違いないのでは。ただ札幌市民としては放っておくのはもったいないので、偵察に行ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
平和の滝Pに車を置いて出発。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ガイドにある通り、砂防ダムを過ぎ、2本目の送電線の下にある刈り分け道に入る。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こんな感じで、手入れがされていて状態は良好です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
刈り分け道を辿り、出会った小沢を登っていくのですが、これがぼさぼさ。かすかな踏み跡などあろうはずもなく、ほぼずっと薮漕ぎを強いられる。沢自体は水量少なく、靴を濡らすこともあまりないので沢靴の必要はない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
例の6m滝

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
例の畳岩(?)ここから右の尾根を直上する

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
トカゲのガレ、と思われるガレ。ここから南壁がすぐそばに望まれるが、近いようでなかなか着かない

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ようやくW-V基部。ちなみに岩のすぐそばまで藪が迫っていて、居心地はよろしくない。まずは偵察

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
中央チムニー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
逆Lハング

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
中央カンテダイレクト

初めてなので、取り付きやすそうな下部クラック(Ⅳ+)と逆Lハング(V+)を登った。岩は思ったよりも固く、だましだまし、という感じではない。クラックが豊富なのでカムとナッツをよく使う。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
白樺テラスより上部フェース

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
上部フェース概観

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
逆Lハング2P目のクラック

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
登攀後の懸垂下降は基本的に立木から。終了点はあまり整備されていない。

今回初めて登ってみて、銭函天狗山よりもワイルドな岩場だと感じた。残置に頼るのではなく、自分で判断しながらナチュラルプロテクションを設置し、懸垂するというトラッドクライミングを練習、実践する場としていい岩場ではないだろうか。ただ、手軽にはいけないところにあるので、アプローチをもう少し何とかしたい気持ちもあるのは確かだ。

平和の滝P発(7:50)-送電線刈り分け道入口(8:15)-W-V基部(9:50)-10:00~16:00登攀活動-平和の滝P(17:30)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>