2016.9.20~22 ニシュオマナイ岳(1493峰)ニシュオマナイ南西面沢

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
秋空の下、遠くにみえるのが1493峰ニシュオマナイ岳
中ノ岳と神威岳の真ん中に位置するマイナー峰。存在感アリ!

 

 

2
神威山荘からほどなく歩いて入渓。歩きやすい川原です

 

4
釜には魚影も見えました
C0450をテン場にして、軽身で下見に行きます

 

6 (2)
一日目なので濡れたくない一心でした

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
F1。右岸からのルートを行きます。
この後F3まで下見して帰りました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今年、会で購入したファイントラックのツェルトです。
有り難く使わせて頂きましたが、とても快適でした!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
タープとしてこんな幕営も出来ます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あまり大漁ではありませんでした。
エゾイワナ=アメマスらしいです。

 

翌日、6:20頃出発。
前日のルート下見が功を奏して、
F1はかなり時短できました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
F2のトラバースは中間部が少し悪いですが
そこを抜けると手がかり有り。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
F3。2段目を向かって左から。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホールド豊富。でも緊張。
パーティーの力量によってはザイル無しでも。
今回は出して頂きました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
此処に至るまでも小滝がたくさん!
ここはちょっと険悪な感じ。
向かって左から巻いていき…

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
屈曲した部分から左岸へトラバースして難なく突破。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
より日高らしい景観になってきました!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  25
しばらくはフリーで行けるくらいの滝が連続。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
やがて遠くに見えてきたルンゼ群。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ルンゼ群の中に、クライマックスの大滝が出現。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA
直登するならもちろんピッチを切らないと行けない高さ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
向かって左から、ルンゼの下部をまたいで上部のバンドに抜けられそう?

 

P9210130 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リーダー、色々悩んだ結果、ちょっと長いルンゼから
上部にもチムニー、途中かぶり気味の部分有り。落石の心配もあり神経衰弱

 

P9210131
潅木の中に出て、大高巻から沢に戻ります。
懸垂なし

 

35
その後も小滝が現れ、直登したり小さく巻いたり。
ここは向かって右の草付きも無い岩盤をトラバースしながら。
途中にザレ、その先も足場が悪く踏ん張りながら

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
しばらく進むと、C800付近で巨大な壁にぶつかり、
左は荒れた函。右はガレ場になっていて、左へ進みます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ほどなく、右にかぶり気味の滝が現れました。奥まで行き偵察。
戻って、右の緑濃い草付きからトラバース。
案外足場も有り、潅木を利用して抜けられました。
降り口は短くザイルを使い懸垂で着地

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA   OLYMPUS DIGITAL CAMERA
その後もほぼ直登してグングン高度を上げていきました。
更に滑滝を進むと…

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
C1100辺りで二股になっており、どちらからでも行けるのですが、
時間もなかったので頂上に近道と思しき左俣を選択。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
薄い藪こぎでしたが稜線の鹿道に出た成れの果てはこんな感じ

 

45
マイナー峰の佇まい

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
下りは西尾根から一気に降りましたが、
後半はヘッドランプ歩行。

 

hp2
リーダーの力もあり完登できましたが、
体力・精神力共に消耗しました。
でも日高の割には明るく開けている印象を受けました。
もっと自分のレベルを上げて、また来たいと思える沢でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>