2016.8.27 白老川右股 沢の水泳教室&徒渉訓練

7月泳ぎの沢に行きたい!というMぞうからの提案で持ち上がった自主山行。
休みの合う新人Mぞう・A見くん
中堅のMキちゃん・M柄氏・ワタクシ、  リーダー指揮のもと
計6人で行って来ました。

0
森野トンネル近くのP帯に車で1台デポしてから出発
なにやら秋風なんぞ吹いていて寒い!カッパ着る

 

1
白老岳林道を下りること10分

 

2
入渓地点

 

 

4
やっぱり白老は透明度高く奇麗です

 

5
有無を言わさず泳いで行ったリーダーに
ギャーギャー言いながら続くMぞう

 

6
この沢の見所でもあるナメ

 

7
Mキちゃんがトップで行きます

 

8
続いてリーダー。お手本を披露
うむ。ブレない。

 

9
Mぞう。ひっくり返りそう(笑)

 

10
A見くん、犬っ走り状態ですが、なんとか行けました(笑)

 

11
M柄氏。日頃から鍛えている成果が現れているっぽい

 

13
この後、もう一箇所で同じ訓練をやり
いい加減体も冷えたので休憩

 

14
足付くよ~!と言われてもヘツリ続ける

 

15
また泳ぐの~?!

 

16
寒いー!怖いー!ひぇー!!

 

 

17
ド真ん中派

 

18
フリーでいける滝ですが、浮石多数。
注意喚起しながら行きます

 

19
源頭過ぎて際どい傾斜を行きます。鹿道もアリ

 

20
664付近の沢に出てホロホロ峠に向かいます。

 

21
南白老岳をバックに。

 

22
異空間のトンネルを抜けて直ぐにP帯で終了~!

 

23
場所を移動して白井川下流に入り
ラッコ泳法と、徒渉訓練

 

24
先ずはラッコ泳ぎ
Mキちゃんからレクチャーを受けるMぞう

 

26
ラッコ泳ぎその1
良い例・・・左のM柄氏
悪い例・・・右の私(ザックのベルトはキツく固定しましょう・笑)

 

27
ラッコ泳ぎその2
良い例…手前のM柄氏
悪い例…奥の自分(体の正面は下流に向けましょう・笑)

 

28
長い棒を使ってすり足で徒渉する
三点支持を意識

 

29
リーダー。教官よろしく腕組しながら指導

 

30
続いてスクラム徒渉。お互いのハーネスやザックの一部を
しっかり握って足並み揃えて横歩き。

 

31
バランス崩すとこうなりやす。

 

34
またまた冷えたので岩熱を吸収中

 

35
続いて、ザイルを使った徒渉訓練
リーダー、トップでの渡り方をレクチャー

 

39
ザイルを使った徒渉に関しては、より良い方法を煮詰めて
来年の沢救助訓練に向けて見直しが必要とのことでした!

 

42
自主山行でしたが、良い機会だったので、
徒渉訓練をメインにリーダーにお願いしましたが
こんな楽しい訓練、もっと皆に広めて実践したい!
というのが、メンバーの意見でした。

沢は楽しいけれど、危険がたくさん潜んでいます。簡単な沢でも…
これから技術だけではなく、安全もレベルUPして行きましょう~!

 

2016.8.27 白老川右股 沢の水泳教室&徒渉訓練” への2件のコメント

    • 白老はとりわけ水がきれいなようですね~!(^^)! 来年度、沢の徒渉訓練を会の行事でやる予定ですので、是非参加してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>